WSHは、Windows上で動作するVBScriptとJScriptを実行するためのソフトウェアです。
バッチファイルのところで書いたとおり、MS-DOSとバッチファイルが提供する機能は、シェルやシェルスクリプトと比べるととても貧弱です。それをおぎなうためにできたのが、このWSHです。

VBScriptはOCXやActiveX内のクラスを参照できるので、それを使えばデータベース接続などもサポートされます。また、JScriptは例外処理もできてたいへん便利です。

ただし、OSのバージョンによっては使えないものもある(さすがにいまはもうほとんどありませんが)ことや、デバッグがしにくいといった欠点もあって、立ち位置的には少し中途半端である感はぬぐえません。

わたしは嫌いじゃないし、仕事でも使ってますけど...。

前へ 次へ