八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が八甲田山で冬季に雪中行軍の訓練中に遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)する、日本の冬季軍訓練における最も多くの死傷者が発生したことで記憶されている。

出典八甲田雪中行軍遭難事件 - Wikipedia

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/82/HakkodaStatue2.jpg

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【まさに死の行軍】八甲田雪中行軍遭難事件まとめ【これはあかん】

明治35年1月に起きた八甲田山雪中行軍遭難事件のまとめ。今振り返ってみても恐ろしい事件です。

このまとめを見る