稚拙な装備

雪中行軍時、将兵の装備は、特務曹長(准士官)以上が「毛糸の外套1着」「毛糸の軍帽」「ネル生地の冬軍服」「軍手1足」「長脚型軍靴」「長靴型雪沓」、下士卒が「毛糸の外套2着重ね着」「フェルト地の普通軍帽」「小倉生地の普通軍服」「軍手1足」「短脚型軍靴」と、冬山登山の防寒に対応しているとは言い難い装備であった。とくに下士官兵卒の防寒装備に至っては、毛糸の外套2枚を渡されただけである

出典http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E5%85%AB%E7%94%B2%E7%94%B0%E9%9B%AA%E4%B8%AD%E8%A1%8C%E8%BB%8D%E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6_%E5%8E%9F%E5%9B%A0

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【まさに死の行軍】八甲田雪中行軍遭難事件まとめ【これはあかん】

明治35年1月に起きた八甲田山雪中行軍遭難事件のまとめ。今振り返ってみても恐ろしい事件です。

このまとめを見る