1. まとめトップ

【元祖ゆるキャラ?】ウルトラマンに登場していた”ゆる怪獣”たち

”ゆるキャラ”のルーツかもしれない、ウルトラ怪獣たちのまとめ。#Ultraman #Ultra Monsters #yuru-chara

更新日: 2012年05月01日

17 お気に入り 32393 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・身長:35メートル
・体重:1万トン

海に生息する両生類と鯨を足したような怪獣で、真珠を常食とする(管のような舌を伸ばして掃除機のように吸い取る)食性に従い、世界各地の真珠貝の産地を襲って真珠価格の暴騰を招いた。三重県鳥羽市の真珠養殖場を襲い、科学特捜隊の真珠爆弾による攻撃を受けるが、攻撃によって逆に体質が強化された。また、潮吹きも武器である。

ネーミングは、ガマガエルとクジラと足し合わせたもの。

・身長:45メートル
・体重:2万3,000トン

度重なる異常気象や地殻変動の影響で目覚めた怪獣。その名の通りタコの怪獣であり、その丸く大きな体一面に吸盤がついている。本物のタコのような8本の触手は持たず、2本の短い脚と吸盤付きの小さな手が2本、タコの触手状の尾が1本付いている。

・身長:2メートル
・体重:200キログラム

金の亡者である小学高学年のガキ大将の少年・加根田金男が偶然見つけたカネゴンの繭に引き込まれ、シュールかつ抽象なイメージの中で数時間かけて変身し誕生した怪獣。

別名「コイン怪獣」。お札や硬貨を主食としており、常に食べ続けていないと死んでしまう。
1日に必要な額は3,510円(当時)。

・身長:50メートル
・体重:1万トン

元々は、宇宙開発競争の時代に某国が打ち上げた宇宙船に乗っていた宇宙飛行士「ジャミラ」であり、正真正銘の地球人であった。事故によって水のない惑星に不時着し、救助を待つ間にその惑星の環境に適応して体が変異し、怪獣の姿になってしまった。母国が国際批判を恐れて事実を隠蔽し、救助を出さなかったために見捨てられたことを恨み、最終的には自らの手で宇宙船を修理・改造して、復讐のために地球に帰ってきた。

・身長:2.2 - 50メートル
・体重:60キログラム - 6万トン

突如宇宙から飛来した、2m以内にいる人間の脳波を受信してその人間の思った物に変化する石が、金儲けを企む鬼田という男によって盗まれ、鬼田が石に「怪獣になれ」と願ったために変化した姿。

出現時は人間ほどの大きさで、ホテルで悪戯程度のことをした後、鬼田が「もっと大きくなれ」と言ったため巨大化した。

・身長:2.5メートル
・体重:75キログラム

パンドラの子供で、普段はパンドラのおなかの袋の中に入っている。やんちゃだが人懐っこく、とても大人しい怪獣。怪獣に妻を殺されたと邪推した青年・藤波が仕掛けた罠にかかりに射殺されてしまうが、タロウのリライブ光線で復活し、パンドラと共に地底の怪獣の世界に帰っていった。その後、ZATによって地底への出入り口は封鎖され、パンドラとチンペが人間の世界に現れる事は二度と無かった。

出典ceron.jp

メトロン星人

・身長:2 - 50メートル
・体重:120キログラム - 1万8千トン

宇宙の彼方にある紅い星メトロン星から地球に侵入した宇宙人。
地球上では北川町のとある安アパートを拠点として、人間に変身し活動していた。
潜入したダン(ウルトラセブン)と、宇宙人の姿で対面。朗らかな口調で語りかけ、ちゃぶ台を挟んであぐらをかくという人間社会にすっかり馴染んだ姿を披露した。

・身長:40メートル(子)、200メートル(親)
・体重:4万トン(子)、20万トン(親)

江ノ電の警笛を親の声と間違えて、地球に落下してしまったカタツムリのような怪獣。擬態能力が非常に高く、センサーやレーダーに感知されなかったためGUTSにその存在を認知されなかったが、操車場で実体化し、溶解液でマシンシャーロックを溶かした。飛行能力もあり、後ろ足でジャンプして繰り出すのしかかり攻撃と鋭い牙を使った攻撃、口から吐く溶解液でティガを苦戦させる。
しかし悪意はないため、最後はティガに警笛が鳴ったままの江ノ電で宇宙へ誘導され、親と無事に再会し、擬態能力で親子で宇宙の闇に消えていった。

・身長:2 - 60メートル
・体重:40 - 2万トン

メフィラス星から地球にやってきた宇宙人。
「暴力は嫌い」と自ら称しており、武力によらない地球征服にこだわる。知能も高く、そのIQは10000以上とされている。基本的に落ち着いた物腰と、紳士的な口調で話すが、物事が自分の思い通りに運ばないと激昂する一面もある。

ウルトラマンとほぼ互角の戦闘能力を持った強敵だったが、「宇宙人同士で争うのは無益だ、自分は地球人の心に負けた」として自ら退き、必ずまたやってくると言い残し、テレポートで地球を去っていった。

・身長:50メートル
・体重:2万トン

農業試験場の木村が開発したハニーゼリオンの影響で、まずは地蜂が大きくなり、それを食べ、巨大化したモグラ。
超スピードで地底を掘り進む。鼻から風速50mの鼻息を出す。
太陽光線に弱く、地上での動きは精彩さを欠いていた。

・身長:33センチメートル
・体重:5キログラム

メラニー遊星に取り残されていた小型の怪獣。ダイナにメラニー遊星から連れ出された後は、オオトモ博士の研究所に引き取られるが、ネオザルスの一件の解決後、マスコット的存在としてスーパーGUTS指令室に居着く。

名付け親はアスカ。理由は単純で、「羽が生えてるから」。

・身長:ミクロ - 45メートル
・体重:0- 3万トン

ウルトラマンに倒された初代バルタン星人の息子で、300以上の超能力を身につけ、父の復讐のために地球に襲来した。地球に襲来したバルタン族としては四代目に当たる。
ウルトラマンとは直接戦闘していないが、設定ではハサミから-140度の冷凍弾、反重力光線、ミサイル弾を発射する。

出典ameblo.jp

・身長:45メートル
・体重:2万トン

元々はネス湖にいた恐竜の生き残り。モンスター博士(二階堂教授)によって日本に運ばれ、北山湖で密かに飼育されているうちに体質が変化していき、最終的に怪獣化したもの。普段は湖の底に潜み、餌を与えられる夜にのみ姿を現していたが、釣り人が魚を大量に獲ろうと撒いたカーバイドに刺激されて姿を現した。

・身長:45メートル
・体重:1万5,000トン

古代に生息していた怪獣。新宿の地下工事現場から出土した中生代・ジュラ紀の卵から復活した。
ブーツのように直角に曲がった体のつま先部分に顔があるフォルムが特徴で、劇中では顔の部分で弾んで移動している。

通常は半分閉じた目をしているが、驚いた際には目が全て開く。

身長:55メートル
体重:6万8千トン

バルタン星人Jr.が作り上げたロボット怪獣。普段は建築中のビルにカモフラージュされている。内部にバルタン星人が乗り込んでおり、ビルに入った次郎やその友人、MAT隊員を監禁した。そのため、ウルトラマンも下手に手出しできなかった。
武器は頭部のアンテナから出すバルタニックウェーブ。他に体の様々な部分から怪光線を放つ。また、力も強い。

・身長:56メートル
・体重:1万4000トン

給水塔でエネルギーを蓄えたお化けキノコが変身・巨大化した怪獣。種別は怪獣だが怪獣らしからぬ悪知恵を誇る。海水を飲むと下痢を起こし、三日は起きられない。
口から吐く水には人をキノコ人間に変える力がある。また、目から光線を出し、それでキノコ人間を操ることもできる。

・身長:51メートル
・体重:1万8千トン

暗黒怪獣バキューモンに自分の故郷であるかに座が飲み込まれたために、警告と救助を求めてやってきた悪意の無い怪獣。武器は両手の鋏、口からの溶解泡等があるが、好んで使うことはなかった。

バキューモンが倒れた後、元気を取り戻し、ウルトラマンと共にかに座へ帰った。

・身長:45メートル
・体重:1万2千トン

外観は恐竜プロトケラトプスに近く、頭の一本角が武器で俊敏な動きで敵を惑わすスピード戦法が得意。半分閉じたような眠そうな目をしている。

『セブン』同様ウルトラセブンの子分とされており、そのため他の怪獣とは仲が悪く、よく争いに発展する。

・身長:1メートル
・体重:10キログラム

主な生息地は沼地。成長しても生まれた状態の身体から変態せず、人懐こいのはその「童心のまま大きくなる」事が理由であり、それが弱点でもある。

人間でいう「腕」にあたる前足が退化しているが「手」の先のみ木の幹や岩壁にしがみつく為に大きくなったのではないかと言われる。

・身長:45メートル
・体重:2万3千トン

ブラック星人が己の用心棒として連れてきた雪女怪獣でシロクマとオオカミが合わさったような外観をしている。
普段は人間体で山小屋の番人(これもブラック星人の変身したもの)の孫娘・美佐子に化けており、山を訪れるアベックを口から出す冷凍光線により仮死状態で氷づけにしていた。

・身長:0.3 - 85メートル(尾を含めた全長)
・体重:50グラム - 2万5千トン

新撮エピソードに登場する他の怪獣達と同様、好戦的で喧嘩好き。
昼寝を邪魔されると非常に機嫌が悪くなり、謝罪の意を示し無抵抗を続けるウルトラセブンを叩きのめした。

独特の鳴き声(東宝怪獣のカマキラスの流用)を発し、体表から電気ショックを放つ他、口部分の発光体から三日月状の放電光線を発射する。

・身長:30メートル
・体重:2万トン

自分の怪獣の絵をバカにされたムシバ少年が、腹立ちまぎれに資材置き場の土管に描いた絵が実体化したもの。
工業地帯に出現したが、何もせずにただ大迷惑な騒音級のいびきをかいて寝ているだけだった。

・身長:1.9 - 61メートル
・体重:84キログラム - 2万3千トン

ブラックスターから、自ら志願して地球に来た宇宙人。ブラックスターから円盤形態で飛来し、地球に到着するや否やヒューマノイド形態に変体し、普段は人間体として活動する。

朴訥とした風貌で、言動はおどけているが、本性は狡猾で猟奇的。

1