1. まとめトップ

【貧富の格差】中国経済を支える「出稼ぎ農民労働者」たち

過酷な生活を強いられている中国の農民工が、改革開放30年来のGDPの21%を作り出し、GDP急成長の6割は彼らの手によって作り出されている

更新日: 2018年07月30日

10 お気に入り 61041 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toctoctocさん

搾取される労働者たち

過酷な生活を強いられている中国の農民工(農村からの出稼ぎ労働者)が、改革開放30年来のGDPの21%を作り出し、農民も合わせて、中国が世界に誇るGDP急成長の6割は彼らの手によって作り出されている

中国の最低賃金額は、貧困問題を抱えるアフリカの32カ国よりも低い。

中国の公務員の給料は国の最低賃金の6倍であり、世界平均の2倍を大きく引き離す。

過酷な労働の一場面

カーボン・ブラックを運搬する際、農民工達はほとんど服を着ずに作業を行うため、目と歯以外全身真っ黒になっている。

ほとんどの人は防塵マスクを着用していない

一日の作業で相当の粉末を吸い込んでいるはずである。

建築の知識・経験がまったくない出稼ぎ農民が鉄道工事に係わる(ネット写真)

メンバーは、建築に関する知識も経験も全くないという。

橋脚土台の建設には、コンクリートの代わりに砕石や土砂を使用。「開通しても乗りたくない」と施工した農民の1人は話した。

残れない都市、帰れない農村

彼らは中国の戸籍制度に阻まれ、長く都市に住んでいても、都市の住民になることはできない。

中国の戸籍(戸口)制度の最大の特徴は住民の管理と、都市と農村の人口移動、とくに農村から都市への流入を厳しく制限することにある。

「農村戸口」を持つ農民が都市に移転することは基本的に禁止されているのである。

マフィア化する自治体当局の関係者

中国の劣悪な労働実態が急成長する経済の「暗部」として浮き彫りにされた

こうした実情を取り締まるどころか、経営者らと結託し、支援さえしている政府当局関係者らもいる

差別

1 2 3