1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

石原慎太郎知事吠える!」と題したインタビュー記事。このなかで知事は、“女性が生殖能力を失っても生きているのは無駄”という他人の発言を引用しながら、「そういう文明ってのは、惑星をあっという間に消滅させてしまうんだよね」などと発言しています。

石原氏「国歌は歌わない」

「文學界」(文藝春秋/3月号)に「石原慎太郎『芥川賞と私のパラドクシカルな関係』」と題されたインタビューが掲載されているのだが、そこで石原氏は「皇室について、どのようにお考えですか」と聞かれ、次のような発言をしているのだ。

「いや、皇室にはあまり興味はないね。僕、国歌歌わないもん。国歌を歌うときにはね、僕は自分の文句で歌うんです。『わがひのもとは』って歌うの」

 つまり、石原氏は国歌を歌わないばかりか、仕方なく歌う場合には歌詞を「君が代は(天皇の世は)」ではなく「わがひのもとは(私の日本は)」と歌詞を変えてしまうというのだ。

都知事選で田母神氏支援…老いぼれた石原慎太郎は引退せよ 田母神俊雄・元航空幕僚長(65)が、7日正式に都知事選への出馬を表明した。 「都民の安心・安全のために、自衛隊中心の救助体制を整える必要がある」と主張し、 “軍国主義”を防災に隠して支持を広げる戦略のようだ。応援団は、作曲家のすぎやまこういち氏など、 自らを「危険人物」と自己紹介するようなウルトラライトがズラリ。 その筆頭が石原慎太郎・日本維新の会共同代表(81)なのだが、 永田町では、このところのモーロクぶりがヒド過ぎると評判になっている。 「話のキャッチボールがまともにできないんです。自分の話を始めると、どんどん脱線し、延々

石原前都知事 徳洲会と深いつながり 老健施設に都の補助金 “病院を都内に作りなさいよ” “病院は民営化しないと” 医療法人「徳洲会」グループからの5000万円提供問題で辞任表明した猪瀬直樹都知事に辞職を促した 日本維新の会共同代表で衆院議員の石原慎太郎前都知事は、以前から徳洲会の徳田虎雄前理事長との 深いつながりが指摘されてきました。 ●出馬表明前夜虎雄氏と会う ※(写真)東京都から工事費約7億5000万円の補助金を受けた介護老人保健施設「武蔵野徳洲苑」=東京都西東京市 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-22/2013122201_03_1.jpg 1999年3月、石原氏が都知事選に出馬表明する前夜に都内のホテルで会っていた相手は虎雄氏です。 ●就任後の対談で 都知事に就任直後、『新潮45』(99年12月号)で、虎雄氏と対談。 「公約で一つだけなかなか手のつかないのが医療」だとし、「日本の大病院でまともなのは、徳洲会だけ」と 天まで持ち上げ、「徳洲会の病院を都内に作んなさいよ」と、東京進出を次のように持ちかけています。 「

前東京都知事で日本維新の会の石原共同代表は4日、猪瀬直樹都知事が医療法人徳洲会側から5000万円を受け取った問題で、「(猪瀬氏には)潤沢な政治資金、選挙資金があったはず。その体制を彼に引き継いだ。なんで徳田(毅衆院議員)君に会いに行ったのかわからない」と述べた。

 石原氏への徳洲会側からの資金提供は「ありません」と語った。石原氏は昨年末の都知事選で猪瀬氏を後継指名した。

1 2





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1