石原前都知事 徳洲会と深いつながり 老健施設に都の補助金 “病院を都内に作りなさいよ” “病院は民営化しないと” 医療法人「徳洲会」グループからの5000万円提供問題で辞任表明した猪瀬直樹都知事に辞職を促した 日本維新の会共同代表で衆院議員の石原慎太郎前都知事は、以前から徳洲会の徳田虎雄前理事長との 深いつながりが指摘されてきました。 ●出馬表明前夜虎雄氏と会う ※(写真)東京都から工事費約7億5000万円の補助金を受けた介護老人保健施設「武蔵野徳洲苑」=東京都西東京市 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-22/2013122201_03_1.jpg 1999年3月、石原氏が都知事選に出馬表明する前夜に都内のホテルで会っていた相手は虎雄氏です。 ●就任後の対談で 都知事に就任直後、『新潮45』(99年12月号)で、虎雄氏と対談。 「公約で一つだけなかなか手のつかないのが医療」だとし、「日本の大病院でまともなのは、徳洲会だけ」と 天まで持ち上げ、「徳洲会の病院を都内に作んなさいよ」と、東京進出を次のように持ちかけています。 「

出典【政治】 石原前都知事、徳洲会に都の補助金7.5億円 「まともなのは、徳洲会だけ」と天まで持ち上げ、都立病院つぶし強行

前へ 次へ