1. まとめトップ

【女子】胸を大きくする方法【魅力UP!】

※【食べ物】を追加しました。

更新日: 2017年09月26日

iroiroyoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
522 お気に入り 425792 view
お気に入り追加

ウソ?ホント?噂されているバストアップ方法の真実

■ざくろを食べると大きくなる

胸を大きくする成分が含まれているので
何個も食べれば効果はありますが、
数十個レベルで食べないといけないためあまり現実的ではありません。

■大豆を食べると大きくなる

大豆には豊胸効果のあるイソフラボンが多く含まれているため、
お惣菜に入っているぐらいの量でも効果があります。豆乳を飲むのも良いでしょう

■うつぶせで寝ると大きくなる

■肉を食べると大きくなる

成長期のみ有効です。成長期を過ぎた女性が食べすぎると胸以外の部分が太ってしまいます。

■水泳をすると大きくなる

大胸筋が鍛えられるので、筋肉量が増えバストのサイズは上がります。

■ストレスのない生活をすると大きくなる

女性ホルモンの分泌が正常化されるので、大きくなる可能性はあると考えられます。

■キャベツを食べると大きくなる

加熱したり漬物などに加工すると有効成分が消えてしまうため生キャベツのみ。1日1玉。

■矯正下着を着けると大きくなる

【マッサージ】

ツボを刺激してバストアップしましょ♪

太ってる女性にバストが大きい人が多いのは、
乳腺組織の間にたっぷりと脂肪がついているから。

逆に、スレンダーな体型をしている人でバストが大きいのは、
乳腺が十分に発達したおかげです。

■ 乳腺を発達させるツボ ■天溪(てんけい)

<ツボの場所> 乳首と同じ横ラインの高さに位置し、左右両側にあります。 骨と骨の間で、押すとちょっと痛いところが天渓です。

<押し方> 親指を使い、左右の乳房を持ち上げるようにして、天渓ツボから内側に向かって押してください。 左右のツボを同時に、ゆっくり押すことがポイント。

天渓は、乳腺を発達させるツボです

バストのハリをアップ ■渕腋(えんえき)

<ツボの場所> 乳首から、だいたい10センチ位外側、脇の下にあります。 軽く押してみて、軽く痛みを感じるところが渕腋(えんえき)です。

<押し方> ゆっくりと、親指で両方同時に押します。 ちょっぴり痛いですが、押した後は気持ちがいい場所。

このツボを刺激すると、お肌にハリが出てたり、背筋を伸ばし、姿勢を正しくキープするお手伝いをしてくれます。 また、血行がよくなるので、スムーズに栄養をバストに運び、バストアップを助けてくれます。

■ 母乳が出にくい方に ■乳根(にゅうこん)

<ツボの場所> 乳頭から、指2本分ぐらい真下の、第五肋骨間にあるツボです。

<押し方> ツボを指で3秒押し、ゆっくり離すというのを数回繰り返します。

バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌や、リンパの流れが促されるため、バストアップにかなり役立ってくれるツボ。 また、母乳の出を良くしてくれるともいわれてますので、母乳が出にくい方は、ぜひ試してみてください

【食べ物】

■大豆だけでなく、枝豆や黒豆などの豆製品
イソフラボンには女性ホルモン様作用があるといわれ、これが乳腺組織に刺激を与えるので、バストアップに効果があります。
※イソフラボンを含む食品
ガウクルア、大豆、ざくろ、豆腐、豆乳、おから、納豆、味噌、葛の根、クローバー、
じゃがいも、にんじん、パセリ、ほうれん草、豆製品

■ザクロ
女性ホルモンのひとつエストロゲンには、エストラジオール、エストリール、エストロンの3種類がありますが、ザクロの種子中にはエストロン、エストラジオールが多く含まれている。
※ただこの有効成分は種子にあるため、果汁などには含まれていないそうです。
ざくろジュースなどでバストアップの効果をはかる場合は、種子まで搾る必要があります。

■ローヤルゼリー
ローヤルゼリーは、体内に入るとエストロゲン(女性ホルモン)に似た働きをするといわれているので、ホルモンのバランスを整えたり、バストアップにも効果があります。

1 2





iroiroyoさん

http://matome.naver.jp/odai/2133718573788408501
人気まとめです。時間があればどうぞ