1. まとめトップ

【なんでや!】ルイガノたたかれる理由【ロードバイク】

おしゃれ自転車の代名詞"ルイガノ"。おしゃれなんだけど、なぜか自転車乗りからは馬鹿にされたりたたかりたりしています。なぜルイガノがたたかれるのか?原因を追求。

更新日: 2012年04月23日

29 お気に入り 154781 view
お気に入り追加

実際ルイガノ LOUIS GARNEAUってたたかれてんの?

ずばり、ルイガノがたたかれる理由

ルイガノ(Louis Garneau )はカナダに拠点を置くスポーツ用品メーカー

実は自転車メーカーではない。スポーツ用品メーカーである。

日本では有限会社アキコーポレーションがルイガノ社より商標使用許可

実は日本のルイガノはルイガノ社が直接販売している訳ではない。

日本で販売されているルイガノの自転車は、同社が企画し台湾、中国で生産されたもの

実はルイガノの名前だけ借りてAkiコーポレーションという会社が台湾・中国で製造して販売しているのである。
そのため、ルイガノ社が直接生産する自転車とは異なる独自仕様である。

設計しないメーカー、つまり自転車屋としてのポリシーや気概が 感じられないミーハーブランド

オシャレアイテムとしてプッシュされすぎているのですね。

まとめると....

ルイガノというメーカーは自転車メーカーではない。
さらに日本で販売されているルイガノはいわゆる問屋の企画品で、
AKIコーポーレーションという会社が企画販売しているだけ。
そんな全然本格的でない自転車がおしゃれアイテムの代名詞として持ち上げられている。
以上の理由でロードバイク乗りからバカにされてしまう不運なメーカーなのです。

1