1. まとめトップ
  2. カラダ

身近すぎて知らなかった!!“人間の身体に関するトリビア”まとめ

人間の身体はとても神秘的です。そんな人体における不思議な話を集めてみました。

更新日: 2012年04月23日

sakubooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
155 お気に入り 205746 view
お気に入り追加

▼白い歯より黄色い歯の方が丈夫

エナメル質の透明度が高い歯は内側の象牙質の黄色が透けて見え、透明度が低ければ象牙質の黄色が透けて見えずエナメル質の白っぽい色が見えます

黄色っぽい歯の人はエナメル質の透明度が高く、透明度の高いエナメル質はカルシウム塩による石灰化の度合いが高い

ヤニなどの汚れによる黄色っぽさとは全く別物なのでご注意を。

▼風邪を引きやすい人はリンパ球が少ない

ウイルスを撃退する働きが白血球の中のリンパ球の数にあって風邪にかかりやすいかかかりにくいが変わってきます

風邪をあまり引かない人は白血球に対するリンパ球の割合が約50%ほどあり、反対に風邪をよく引く人は約30%のリンパ球なのです

▼あくびをすると何故涙が出てくるか

あくびをすると、表情筋が収縮します。
すると、まぶたにある涙腺と言う、涙を溜めておく場所が、周りの筋肉により、押し縮められます。

出典http://freett.com/kiguro/z-karada-02.html#nounosiwa

感情に関係ない押し出された涙のようです。

▼お腹が空くと鳴るメカニズム

「お腹が空く」と言うのは、「血液中の糖分(ブドウ糖)が減少する」現象

出典http://freett.com/kiguro/z-karada-02.html#nounosiwa

脳は糖分がいつ入ってきても大丈夫なように準備します。その準備とは、胃袋の中にまだ残っている食べ物を、とっとと十二指腸に送ること。その時、脳は強引に胃袋を縮めます。そうすると、胃の中の食べ物は十二指腸に行きますが、同時に空気も十二指腸に送り込まれます。

出典http://freett.com/kiguro/z-karada-02.html#nounosiwa

胃の狭い出口を大量の空気が一気に通り抜けるので、あの「グー」という音が発される

出典http://freett.com/kiguro/z-karada-02.html#nounosiwa

▼黒板を引っかく音はなぜ不快なのか?

人間の脳が覚えている太古の記憶に起因している

人間の脳が潜在的に覚えている危険信号の音と似ている

逆に不快に思わない人はなんで何でしょうか?

▼徹夜は3日が限界!?

第二次世界大戦中に米軍で『不眠実験』という実験を行ったといいます。肉体的にも精神的にも屈強な兵士達を数百人集めてどれだけ眠らずにいられるかを実験したものです。結果は2日程度まではほとんどの兵士が耐えられたものの3日目にはほとんどがギブアップしたと言います。

「若いころは毎日徹夜やってた」という人は、嘘の可能性が高そうです。

▼細胞は自殺する

細胞の自殺のことを「アポトーシス」という

アポトーシス (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する型)のこと

▼血管の長さは10万キロメートル

成人の血管をすべてまっすぐに繋げるとおよそ10万キロメートル(赤道の約2.5倍の長さ)に及ぶ

地球2周半も回れるんですね。

1 2





このまとめへのコメント5

1

このまとめに参加する