1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

「ロード・メイヤー Lord Mayor」といえばシティ・オヴ・ロンドンの?

… Lord Mayor をどう訳せばよいかというと、はっきり言って適訳がない。そもそも Lord Mayor というのは、 The City of London の「市長さん」ということになるのだが、この The City という存在自体が日本人にとっては実にわかりにくいのである。

……The City と他の borough との間に大きな違いはない。……政治・行政面での最も大きな違いは、borough は公選制の council によって運営されるのに、The City は、その名も the Corporation of London という、中世以来の guild (ギルド)組織が運営しており、「市長」も The Cityの諸ギルド (Livery Companies) のメンバー約26,000の選挙で選ばれるということである。……とは言え、 the Corporation of London は、金融をはじめとするイギリス経済の中心部の統治主体であることから、単なる一基礎自治体では済まされない影響力を有していると言われ、「市長」も任期1年で名誉職の色彩が濃い…

2000年に書かれた文章。追記として:

「ロンドンの広域自治体は、労働党のブレア政権の下で The Greater London Authority (GLA) として装いも新たに復活した。 2000年の5月にはロンドンで有史以来初めて(!)の市長選挙(イギリスの地方自治制度においては合議制の council の議員を選ぶというのが伝統的な在り方であり、単独の市長を直接選挙することはなかった)が行われ、…今後は、日本でも「ロンドン市長」と言えば、まさにこちらの The Mayor of London を指すことになろう。」

つまり、「ロンドンのロード・メイヤー」=「シティ・オヴ・ロンドンのロード・メイヤー」。「ロンドンの市長」=選挙で選ばれる行政府GLAトップ(2000年に制度発足し、初代ケン・リヴィングストンが2期を務めた後、今はボリス・ジョンソン。2012年5月に任期満了で選挙が行われる)。

「ロード・メイヤー」はシティの外とは関係ないけど、「市長」はグレーター・ロンドン全域での民主的選挙で決定されます。

で、ロンドンの「ロード・メイヤー」についてはわかったとして、ロンドン以外の都市の「ロード・メイヤー」は、というと……

つまり、英国(連合王国)においては、「ロード・メイヤー」(ただしスコットランドでは「プロヴォスト」)は、「シティ」(「シティ・オヴ・ロンドン」とはまったく別)の格が認められている自治体の民間人(王室でもなく教会でもない)のトップのこと。(ただしすべての「シティ」に「ロード・メイヤー」がいるわけではない。だから上のリストに掲示されていない「シティ」はいくつもある。)

こういうの、日本の感覚だと別の呼称をつける気がするんですが(例えば、「ロード・メイヤー」がいる「シティ」は「政令指定シティ」と呼ぶ、のような感じで)、そういうわけでもないようで。

ところで「シティ」とは何か、というと…

定義、以上。はい、曖昧ですね。英国関係やってるとよくあることですね。「定義そのものが曖昧」で、「ほぼ同じ条件の2つのものの一方がAの格/称号であるときに、もう一方はそうではない」などということがあったとき、「なぜか」を考えてみてもあまり意味はない、ということなど。(ここで納得できないと、「英国ムカツク、きーっ」ってなったり、「背後に闇の組織の陰謀があるに違いない」と考えるようになったりしかねません。)

実際には、上記ウィキペディアの項目でもたっぷり説明されている通り、非常に長い「歴史」があることで、定義としては上記のような曖昧なものにならざるを得ない、という感じのようです。

それと、歴史の変遷で今から90年ほど前に「英国の一部」ではなくなったアイルランドの南26州(北部6州以外)は、イングランドの占領支配を受けていて基本的にイングランドの制度なので、「シティ」については同様の状況。でも英国とは少し違っている。

'Historically, city status in the United Kingdom, and before that in the Kingdom of Ireland, was a ceremonial designation. It carried more prestige than the alternative municipal titles ''borough'', ''town'' and ''township'', but gave no extra legal powers. This remains the case in Northern Ireland, which is still part of the United Kingdom. In the Republic of Ireland, ''city'' has an additional designation in local government.'

つまり、連合王国やアイルランド王国での「シティ」は儀式的な呼称で、地方行政主体という位置づけではなく、特別に法的な実権もない。しかし独立後のアイルランド共和国(南26州)では、「シティ」といえば、日本語で言う地方自治体の意味だという説明。

再度、「ロード・メイヤー」について。および、「ロード」のない「メイヤー」について。

Some cities in England, Wales and Northern Ireland have the further distinction of having a Lord Mayor rather than a simple Mayor—in Scotland, the equivalent is the Lord Provost. Lord Mayors have the right to be styled The Right Worshipful The Lord Mayor. The Lord Mayors and Provosts of Belfast, Cardiff, Edinburgh, Glasgow, City of London and York have the further right to be styled The Right Honourable the Lord Mayor (or Provost)

... . The style is associated with the office, not the person holding it.

ここでa simple mayorというのを確認するためにウィキペディアのmayorの項を見ると:

In England, the mayor is the later descendant of the feudal lord's bailiff or reeve (see borough). The chief magistrate of London bore the title of portreeve for considerably more than a century after the Norman Conquest. This official was elected by popular choice, a privilege secured from King John. By the beginning of the twelfth century the title of portreeve gave way to that of mayor ...

2012年5月3日投票の地方選挙のとき・・・

Sion Simon will be sobbing into his beer tonight. He stepped down to "run to be directly elected Mayor of Birmingham". The post won't exist.

We are still waiting for the results in London and also for the mayor referendum in Birmingham. English people, you count slowly!

Bristol says yes to a mayor. Will Birmingham join them? @bbcwm has the news first throughout the afternoon.

Mayor referendum results summary: Bradford NO (55.13% on ), Manchester NO (53.24%), Coventry NO (63.58%), Nottingham NO (57.49%) #vote2012

さっきのRT。市長公選制の導入の是非を問うた市民投票でコヴェントリ、マンチェスター、ノッティンガム、ブラッドフォード、すべて否決。人気ないんだなぁ。導入決定済みのリヴァプールは今回初めての市長選だった筈だけど誰になったんだろ。

UKの自治体は議会の最大会派が内閣を作ってリーダーを選出する内閣制のところが大半です。これとは別に、儀礼担当で市長が選ばれますが、名誉職で議会での発言権はありません。大抵持ち回りで任期は1年です。

議員の選出方法も、1度に全員改選、毎年3分の1ずつ改選、等々やり方は自治体によって様々です。

ところで、エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリー(即位60年)で「シティ」の数が増えたんです。

The 26 towns applying for city status are: Bolton, Bournemouth, Chelmsford, Colchester, Coleraine, Corby, Craigavon, Croydon, Doncaster, Dorchester, Dudley, Dumfries, Gateshead, Goole, Luton, Medway, Middlesbrough, Milton Keynes, Perth, Reading, Southend, St Asaph, St Austell, Stockport, Tower Hamlets and Wrexham.

The 12 cities applying for a lord mayoralty are: Armagh, Cambridge, Derby, Gloucester, Lancaster, Newport, Peterborough, Salford, Southampton, St Albans, Sunderland, and Wakefield.

(うん、北アイルランドやってると、「おいおい」と思わざるを得ない名前がありますな。多くは語りません。)

1 2 3