1. まとめトップ

■マスコミの人間に心はあるのか。

本日,京都府亀岡市で悲しい事故が起こりました。当ドクターヘリも出動し対応しています。検証されるべき事項は沢山ありますが、1つの命をすくい上げようと誰しもが全力をしくしました。結果、望まない終末になることもあります。その後のご家族の心のケアには人として、医療者として十分な対応を心掛けております。

当然、院内や病院敷地内に勝手に入り込み、勝手に取材、写真をとるマスコミには取材の許可を出しませんし、取材拒否の旨をきちんと伝えております。もちろん必要があれば病院から情報を伝えます。しかしながら、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞など各社の記者(個人名を出しても良いと思いますが)は霊安室の前にカメラをかまえ、お帰りになるご家族の映像を勝手に撮影していました。

再三にわたって取材はお断りの旨を伝えていたにもかかわらず、一番大切にしたい瞬間に、ズカズカと土足で割り込んできました。ご家族、医療者、関係者の心情を考えられないくらいマスコミの人間の心は腐っているのでしょうか。このブログが多くの方に読まれていることは十分に存じ上げております。だからこそ敢えてここで述べます

■関連記事

「ご家族、医療者、関係者の心情を考えられないくらいマスコミの人間の心は腐っているのでしょうか」とまで書いていることから、マスコミに対する怒りがかなり大きいことがわかる。

「病院敷地内に勝手に入り込み」というコメントもあることから、マスコミは病院の意思を無視して病院に入ったのだろうか? とにかく、救命救急センターのスタッフの怒りは相当のもののようだ。

■Twitter上の怒りの声

亀岡の件は何で被害者ばっかりおっかけてんのかなぁ。マスコミ様お得意の「私だって寝てないんですよ!」って加害者に逆ギレさせる取材は何でなされないのかなぁ。

亀岡の事故もそうだけど、被害者の身内がマスコミの取材に応じる姿をテレビでみるけどよく出来るなと感心してしまう。自分の身内に同じ事がおきたら応じてる余裕は、無い!

亀岡の事故…どうして加害者が守られて、被害者が守られないんだろうね。霊安室にまできて取材するマスコミとか…もう日本にモラルという言葉はないんだろうかね。

亀岡事故。加害者らにも呆れて何も言えんが、最近のマスコミさん達にも疑問点。歩道内+両端にはみ出すように居たら通行の邪魔だし、どこかのマスコミ人は車の間をすり抜けて渡ったように見えた。独自の意見を持った人はいいとして、同じ意見ばっかのマスコミ人は削減すべきと思うのだが私だけかな。

■この事故の詳細ニュース

京都府警によると、京都府亀岡市篠町篠上北裏の府道で23日、集団登校中の小学生ら約10人の列に軽乗用車が後ろから突っ込んだ事故で、小谷真緒さん(7)と、松村幸姫さん(26)の2人が死亡した。

京都府亀岡市の府道で集団登校中だった市立安詳小学校の児童ら約10人の列に軽乗用車が突っ込んだ事故で、京都府警は23日午後、道交法違反(無免許運転)ほう助の疑いで、軽乗用車に同乗していた同府南丹市の大学1年生の少年(18)と亀岡市の専門学校生の少年(18)を逮捕した。府警によると、2人とも容疑を認めている。

京都府亀岡市の府道で集団登校中だった市立安詳小学校の児童ら約10人の列に軽乗用車が突っ込んだ事故で、京都府警に自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された亀岡市内の自称無職の少年(18)は「居眠り運転をしていた」などと供述し、容疑を認めているという。府警は自動車運転過失致死傷容疑に切り替えて調べている。

父親は「私自身は正気を保っているのがやっと」とした上で「息子はあまり自分から話をしなかった。正直、何を考えているのか分からなかった」。少年は約2年前にもバイクの無免許運転で摘発されており「まさか、無免許で車に乗っていたとは」と憔悴(しょうすい)した様子で語った。

集団登校列の最後尾で児童に付き添っていた京都府亀岡市の松村幸姫(まつむら・ゆきひ)さんが、18歳少年による無免許居眠り運転の車に命を奪われた。妊娠7カ月。お腹の中にいた3人目の子供も犠牲となった。「加害者には死んで償ってもらう」。最愛の妻を失った夫は声を絞り出した。

1





wasejo_tjkn0123さん

2代目管理人。丁寧なまとめを作るように心がけています。

このまとめに参加する