1. まとめトップ

【発泡スチロール製コンクリート?】中国 おから工事「豆腐渣工程」

酷すぎる中国の手抜き工事”おから工事”をまとめました。

更新日: 2012年05月29日

toctoctocさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 87509 view
お気に入り追加

またまた判明!発泡スチロールで出来た歩道橋

高速鉄道

線路部分が300メートルにわたって陥没したことが分かった。同路線にはついてこれまで、「おから工程(手抜き工事)だ。雨が降ったら線路が陥没する」との報道があった。現場の工事関係者は陥没の原因を「たぶん、雨が降ったからだろう」と説明した。

施工業者の滬漢蓉鉄路湖北有限公司は、「地盤崩壊のニュースは事実ではなく、事故は起こっていない」と述べ、「現在は最終テストの段階で、事故が報じられた区間が基準に達していなかったために補強作業を行っているところ。ごく一般的な改善作業である」としている。
一方で、漢宜高速鉄道に土砂を提供している会社から、湖北省枝江市を通る区間で砕石の代わりに土を使っている部分があるとの告発もあり、大雨による地盤軟化の危険性が指摘されている。

懸念されるダム工事

1975年8月、蓮娜台風の影響により河南省駐馬店市は連日暴雨の被害に遭い、板橋ダム・石漫灘ダム2基の大規模ダム、竹溝ダム・田崗ダムの2基の中型ダム、58基の小型ダムが数時間の内に次々と決壊し、約 26,000 人が洪水により直接溺死し堤防の決壊により数万人が死傷、その後数十万人が食糧問題や感染病により死亡したとされる。これは現在世界史上最大のダム決壊被害である。

少なくとも5基の修築ダムが非常に脆い(決壊の危険性大)」と伝えており、主な原因は建設資金の横流しによる手抜き工事だと指摘している。

沱江大橋崩落事故

中国湖南省湘西自治州鳳凰県の鳳大公路で、完成直前の沱江大橋が突然倒壊した。中国当局の政府メディアによると、14日午前7時15分の時点で、計22人が死亡、22人が負傷、46人が行方不明だという。

「こんなに大きな橋なのに、倒壊現場のガレキからは、鉄筋がまったく見当たらなかった」

工事の一次検査はすでに行われ、全く問題なく合格で、8月末に通行開始の予定だった。

1 2 3 4





toctoctocさん

このまとめに参加する