*震動発電。弘前大学大学の研究チームが開発したユニットは、これまで振動発電に最適とされてきた鉄とガリウムの合金に比べ発電出力(ワット数)が最大2・5倍を実現したとそうです。
 身近な震動、エネルギーハーベスト利用から、さらにはユニークな風力発電などへの応用が期待されます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

しなやかな技術研究会 GreenPost 2012/4/25

自然エネルギー 適正技術 クラフト - 繊細にして強靭、そして”手”をイメージした技術に関する情報収集および発信----- GreenPost 発見的生活の提案

このまとめを見る