1. まとめトップ

【大河原央徹容疑者の人物像】千葉県館山市で小学生の列に車、児童死亡事故

千葉県館山市で登校中小学生の列に車が突っ込む事故が発生しました。事故の被害状況や犯人の特徴などをまとめていきます。

更新日: 2012年04月27日

合縁奇縁さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 10123 view
お気に入り追加

事故発生日時

27日午前7時35分頃、千葉県館山市大賀

被害状況

登校のためバスを待っていた小学生の児童4人と保護者2人の列に軽乗用車が突っ込む

小学1年生の山田晃正君(6)が病院に搬送されたが、死亡が確認された

男の子の母親がけがをしている

ほかに3人の児童が現場にいたが、けがはなかった

バス停で一列になってバスを待っていて、はねられた男の子は列の先頭にいた

バス停の看板が道路上に散乱していて5メートルほど先の道路脇に車が止まっていた

現場はJR館山駅から南西へ約4キロ、同小から西約2.5キロの場所

海岸線を走る道路沿いに民家が並ぶ地域

現場は片側1車線の緩やかな右カーブ

館山小からは約2キロ離れており、付近の児童はバスで通学している

容疑者の運転手について

大河原央徹(ひろゆき)容疑者(20)

館山市内の飲食店従業員(アルバイト)

軽乗用車を運転していた

現場にブレーキ痕はない

自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕

動揺した様子で車を降りてきた

運転手が女性に対して『すみません、すみません』と繰り返し謝っていた

車を動かして付近の住民らと男児を助け出した

運転手の男性は車の下にあったランドセルを引っ張り出すと、土下座して母親に謝っていた。後はどうしていいかわからない様子で裸足でうろうろしていた

当時は釣りをする場所を探すため、車を運転していたという

容疑者の供述内容

「ドライブをしていて、ぼんやりしていた。カーブを曲がり切れなかった。申し訳ない」

「仕事のことを考えていて、ぼんやりしていた」

勤め先の飲食店に出勤する途中だった

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

興味のあることをいろいろまとめていきたいです。



  • 話題の動画をまとめよう