1. まとめトップ

土田世紀さん急死への漫画家・著名人コメント・反応

未成年、編集王、俺節等の数々の作品を発表した漫画家・土田世紀さん。肝硬変が原因で43歳の若さで亡くなりました。訃報を聞いた漫画業界関係者や著名人のお悔やみの言葉や反応を集めています。

更新日: 2013年11月16日

3 お気に入り 38068 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamadayamaさん

50音順で並べています。コメント→コメントした人の作品という構成です。

相原コージさん

ええ~~~っ⁈ウソでしょ。信じられん…これはショック過ぎる…ツッチー… …RT @BETSUGORAKU: 漫画家の土田世紀先生が肝硬変でお亡くなりになりました。週刊漫画ゴラク誌上で、シリーズ連載『かぞく』を執筆され、コミックス『現金を燃やす会』も発刊していただきました。

1983年、「漫画アクション」に掲載された『八月の濡れたパンツ』でデビュー。

≪作品≫
サルでも描けるまんが教室
かってにシロクマ
ムジナ
コージ苑
真・異種格闘大戦

キャラクターデザインにはバグで有名な「摩訶摩訶」

赤松健さん

土田先生、俺と同学年かよ。絵柄的に先輩だと思っていたが・・・

少年マガジンを中心に活躍。
今はJコミの中の人でもある。

≪作品≫
A・Iが止まらない!
ラブひな(2001年度 第25回 講談社漫画賞受賞)
魔法先生ネギま

2000年のアニメ雑誌人気作品ベスト20
http://matome.naver.jp/odai/2133178505446163601

安倍吉俊さん

土田世紀さん亡くなられたの!?まだ43歳……。ご冥福をお祈りします

土田さんと同じくアフタヌーン四季賞受賞組の一人。

「NieA_7」、「serial experiments lain」、「灰羽連盟」、
「テクノライズ」等のアニメーション作品の
キャラクターデザインや原案等で知られている。

現在は漫画「リューシカ・リューシカ」を連載中

飯田譲治さん

漫画家の土田世紀さんが亡くなった。43歳。ぼくらほんとにいつ人生の終わりがくるのかわからない。死ぬ時がくるまでは全力で生きる。だから、妥協せず長いものに巻かれず、創作活動をしていきたいよ。残り時間が少なくなってるんだってことを自覚しないと。

明日突然終わりがくるかもしれない。だから、妥協したくない。常に力を出し切って後悔のないようにやっていきたい。ウソつかないで、正直にやっていきたいよ。

池沢理美さん

ええ!?信じられません。ご冥福をお祈り致します。RT @hoshizak: 土田世紀さんの訃報が・・!43歳?早過ぎると思うのと同時に、この稼業の40代以降の健康管理の難しさを思い知ります。ご冥福をお祈りします。

本当に。RT @hoshizak: 漫画を愛している作家さんが、どれほど根をつめて仕事をしていることか。土日もなく一日十数時間仕事をする。普通の仕事で考えたら誰が倒れてもおかしくない仕事の仕方をしている。楽しいから出来るのだけど、身体はついていかなくなる。皆さんどうかお身体大切に

@ukoring 他の作品も名作多いんだよねー「同じ月を見ている」とか「水の中の月」とか書ききれない!機会があったら読んでみて!

@Abe_Yutaka 他の作品は読んだことなかったです。チェックしてみます〜。

@hoshizak 何回かに1〜2回定期的に休載がいいんじゃないでしょうか。でも売れてる作品だと編集部が休ませてくれませんよね・・・。そこをなんとかしたいところですよね。

@marikosatoru @hoshizak @Abe_Yutaka 妥協して適当にやる仕事が一番辛いですよね。のめり込まないと楽しくないですし、読者にも伝わらないですよね。それと健康とのバランスを取ることは非常に難しいと思います。

石川優吾さん

現在SF(?)の「スプライト」をスペリオールで連載中。

スピリッツ連載の「よいこ」、ヤンサン連載「格闘美神 武龍」、
ヤンジャン連載「カッパの飼い方」、
スペリオール「お礼は見てのお帰り」と映像化作品が多い。

≪公式≫
http://www.you-go.net/

一色伸幸さん

土田世紀さん、インパクトあったなあ。残念。「僕らはみんな生きている」の漫画をスピリッツで連載するとき、土田さんがいいか山本直樹さんがいいかで悩んだのをよく覚えている。山本さん版は大好きだけど、土田さん版‥‥読みたかった。合掌。

≪脚本作品≫
1987年:私をスキーに連れてって
1988年:木村家の人々
1989年:彼女が水着にきがえたら
1989年:病院へ行こう
1991年:波の数だけ抱きしめて
1992年:病は気から 病院へ行こう2
1992年:七人のおたく
1993年:僕らはみんな生きている
1993年:卒業旅行 ニホンから来ました
等色々

一色登希彦さん

土田世紀さん。実は「ダービジョッキー」連載開始時、共通の担当を通じて、土田さんが「ありゃ馬こりゃ馬」で使っていた競馬関連の資料写真を全て頂いた。「もう不要なので自由に使って」と。ずっと重宝して使わせていただいていた。直接お会いしてお礼を言えぬままになってしまいました。R.I.P.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10