1. まとめトップ

【閲覧注意】ツチノコの正体がついに発覚!?【都市伝説】

2012年4月28日OAの「所さんの目がテン」にて伝説の生き物「つちのこ」の正体が、ついに明らかになったという特集をしていました。そこで、ツチノコの正体について追ってみました。

更新日: 2012年07月07日

93 お気に入り 2073146 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

卍郎さん

注意事項

爬虫類の写真がたくさん出てきますので爬虫類が苦手な人は画面を閉じよう!

信じるも信じないもアナタ次第!

ではいきましょう

ツチノコとは

ツチノコは、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA) のひとつ

鎚に似た形態の、胴が太いヘビとされる

北海道と南西諸島を除く日本全国で”目撃例”があるとされる

特徴

普通のヘビと比べて、胴の中央部が膨れている

ツチノコの正体!?

幻の生物「ツチノコ」の正体には諸説ありますが、トカゲ「アオジタトカゲ」という説が最も有力

アオジタトカゲはインドネシアやオーストラリアに生息しているトカゲ

見た目以外の理由

アオジタトカゲは1970年代から日本で飼われるようになり、目撃情報が増加した時期に一致するとされている

アオジタトカゲには四本の小さな脚があり、読売新聞社によって撮影されたツチノコとされる生物にも脚があった

作家の荒俣宏は、流行の原因となった漫画の影響で脚が無い姿が広まったと述べている

まさにツチノコのイメージとピッタリ

草むらにいたら足は気になりません。

岩場でも一瞬だと足がわからない。

全国各地のツチノコ情報

1 2