1. まとめトップ

日本一背が高い! 身長3.5mのゆるキャラ、ベイガ船長って誰?

南蛮貿易で栄えた長崎県口之津港の開港450年イベントのPR大使、ベイガ船長。応援したいです。がんばれ、中の人!

更新日: 2012年07月07日

2 お気に入り 33082 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

harujoonさん

本名 :トリスタン・ヴァス・デ・ヴェイガ
身長 :3.5m
    (最初に来たときは175cmだったが
     その後成長が止まらず)

血液型 :ポルトガルでは珍しいO型
丁寧なお辞儀 :15度が限度
活動限界 :15分(持病の腰痛のため)

長崎県南島原市
口之津港開港450年記念のPR大使

えー、我輩の名前は
トリスタン・ヴァス・デ・あ、すいません
トリスタン・で、
トリスタン・ヴァス・デ・ヴェイガ船長である

中の人が心配

日本一の巨体をひっさげて堂々のデビューと思いきや、ベイガ船長は風が吹くとなぜかフラフラ…。
 同市企画振興課によると、中に入っているのは1人だけで、頭や上半身を支えるための約2メートルの木製ポールを2本も背負っているのだとか。
「風を受けると想像以上の負担となるのが分かりました」と同課。

「体力の問題」から1回の出動は20分以内に限定

「驚異のノッポゆるキャラ、フラフラのデビュー」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/559208/

でも、安くあがった制作費に職員にんまり!

鹿児島の業者が制作費約50万円と1カ月をかけて完成させたが、同郷の偉人・西郷隆盛をモデルにした長身ゆるキャラ「ダイサイゴー」を追い抜く結果になった。

 「相場の4分の1の制作費で、西郷翁より30センチ高い日本一の称号を手に入れた」。市職員らはにんまり。

朝日新聞デジタル:身長3.5メートル 日本一のっぽな「ゆるキャラ」誕生 - 社会 http://www.asahi.com/national/update/0413/SEB201204130024.html

薩摩剣士隼人 登場人物 『薩摩の大巨人ダイサイゴー』
http://hayatoproject.com/hayato-character-mein000.htm

じつは「ダイサイゴー」も「ベイガ船長」も、鹿児島のイベント企画会社「アドベンチャー」が手掛けているらしい。

アドベンチャー
http://adventure-gogo.com/index.html

じつはこの造形にはモデルが

その巨大さときらびやかな衣装、ちょっぴり短い足は西洋人に対する当時の住民のイメージが表現されるという。
市内にはベイガ船長の銅像もあり、こちらは高さ5メートルというから当時の驚きぶりが浮かばれる。

市内にある5mのベイガ船長の銅像とは??

こうして見るとベイガ船長にそっくりです。

今は廃駅となっている島原鉄道の旧口之津駅前に立っています。

”足元の土台に近づくと小さいですが、「このボタンを押して下さい」と書かれたボタンがあります。”

押すと結構な音量で音楽が流れ始めます。
何の曲かは分かりません。
ですが、恥ずかしくて逃げ出したくなるような大きい音量です。
まあ~私は躊躇わずに逃げました。
それから5,6分ほどして戻ってみると、まだ鳴っている・・・。
押したこと自体を後悔します。

島原半島博物日誌
http://blog.goo.ne.jp/hsnc/m/201005

1998年に、町おこしを目指す住民グループの手によって製作されたとのこと。
張子とグラスファイバー製・・ん? 銅像??

http://newszz.blog.ocn.ne.jp/hurusato/2009/10/post_d99d.html

ともかくも、口之津開港450年イベント、がんばっているようです

1