1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

twcritiqueさん

『ファウスト 第二部』(Faust. Der Tragödie zweyter Theil in fünf Acten )はヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの戯曲。『ファウスト』2部作の第2部。1833年に発表。

ファウスト、事業を興す

第4幕

ファウスト博士と悪魔メフィストは峨々(がが)たる岩の頂上に降り立ち、共に「世界の生成について」の議論を行う。議論の中ではファウストの理想の国家像が言及され、やがてファウストは名声を挙げて支配権、所有権を得たい、偉大な事業を成し遂げたいと述べる

折しも第二部・第1幕において舞台となった国の経済がいよいよ破綻し、正統の皇帝に対して僣主が擁立され反乱が発生している、皇帝の軍は劣勢であり、彼らが今いる山々へ最後の決戦の為に転進してきているから、ここで再び皇帝に仕え巻き返しを図れば、海岸地帯を褒美として貰えるでしょう、と伝える。

帝国の解体と事業の成功

ファウストはその計画に乗り、戦争の凶暴性を象徴する「喧嘩男」、戦争の略奪を象徴する「早取男」、物欲、吝嗇(けち)を象徴する「握り男」というメフィストの3人の手下の悪魔を従えて戦争へ赴く。メフィストの幻術も手伝って、皇帝の軍は見事勝利へと導かれる。

第5幕

冒頭における旅人と老夫婦とのやりとりから、ファウストが宮殿を建て、海岸を埋め立て、そこを庭園へと造成し直しており、老夫婦にも新たに開拓された土地と引き換えに立ち退きが求められている事が明らかにされる。

ファウスト 盲目に

半夜、独り玉座にて物思いにふけるファウストのもとに4人の“灰色の女”が現れ、ファウストと問答を交す。最初ファウストは恐れるが、やがて自らを制して、己が世の中を駆け抜け、あらゆる快楽を体験してきた事、また最初こそ威勢のよかったものの、今では賢く、思慮深く生きている事などを告白し、地上の事はもう十分に知りぬいたと言う。地上で日々を送っている間は、たとえ「憂愁」のような幽霊が現れるとも構わずに道を行くという決心、進み行くうちには苦も楽もあるだろうが、どの瞬間にも満足したりなどしないだろう、と語る。「憂愁」は、有り余るものの中でも満足などできず、望みはいつになっても成就しないとのうたい文句でファウストを己の内に取り込もうとするが、ファウストは微塵も取り合おうとしない。そのため、憂愁は呪いの言葉を投げ掛け、吐きかけた息によって彼を盲目にして立ち去る。しかしファウストは嘆くことはなく、むしろ心の中は澄み渡り晴れやかであると独白し、手掛けた事業の完成へと邁進することをあらためて決心する。

瞬間よ止まれ、汝はいかにも美しい

一方メフィストは、手下の悪魔どもにファウストの墓穴を掘るように命じる。物見る事叶わぬファウストは、手探りで宮殿から歩み出ながら、その音を、土地の者達が新しい土地を造成する為に働いているたゆまぬ努力の音だと聞き誤り、壮大な独白を展開する。彼は自身が理想とする国家が築き上げられてゆく様子を夢想し、万感の思いで、そこでは人々は生活に関しても自由に関しても、その日ごとに勝ち得てこそそれらを享受するに値する、だからこの「自由の土地」においては老若男女が常に危険の中にあろうとも有意義な年月を送るのである、自分はそうした人々を見、彼らと共に自由な土地の上に住みたい、その瞬間に向かってならば、こう言っても良いであろう、「瞬間よ止まれ、汝はいかにも美しい(Verweile doch! Du bist so schön.)」と。このような高い幸福を予感しつつ、自分はいま最高の瞬間を味わうのだと述べ、ついに絶命する。

研究はドイツ市民社会が、それまでの階級的な「ブルジョワ=市民社会 bürgerliche Gesellschaft 」から離脱して、開かれた「公民=市民社会 Zivilgesellschaft 」へと移行しようとする転換期を扱っている。では、本論で検討したような 19 世紀の公的救貧事業に特徴的な諸要素は、どの程度現代にまで受け継がれているのであろうか。その答えのひとつが上に挙げたミュンヘン市救貧局長グリーザーである。

デウス・エクス・マキナ

由来はギリシア語の ἀπό μηχανῆς θεός (apo mekhanes theos) からのラテン語訳で、古代ギリシアの演劇において、劇の内容が錯綜してもつれた糸のように解決困難な局面に陥った時、絶対的な力を持つ神が現れ、混乱した状況に解決を下して物語を収束させるという手法を指した。悲劇にしばしば登場し、特に盛期以降の悲劇で多く用いられる。アテナイでは紀元前5世紀半ばから用いられた。特にエウリピデスが好んだ手法としても知られる

Verweile doch, du bist so schoen! (フェアヴァイレ ドホ、ドゥ ビスト ゾー シェーン)(文):「とまれ、お前はとても美しい!」

“Stay a while, you are so beautiful”.

It is perhaps the most famous quotation in all German literature.

熱の動力は、それをとりだすために使われる作業物質にはよらない。その量は、熱素が最終的に移行しあう二つの物体の温度だけで決まる[9]

サディ・カルノーは、1824年に出版した著書『火の動力、および、この動力を発生させるに適した機関についての考察』において、以下のように記した。

「一航海が一企業」(One voyage is an enterPrise)

1600年から1617年までに113回の航海が行われたが、各航海とも出資は別々であった。それは個別航海制(separate voyage)であるとともに個別資本制(separate stock)でもあった。商船隊が帰航し、その商品の競売が終わると、資本全部が原則として、利益とともにその出資の割合に応じ分割され、払い戻される。
東インド会社の初期の形態(1600〜1612年)は、このように、各航海はそれぞれ別の事業と考えられていた

「海軍に入るくらいなら、海賊になろう」スティーブジョブス
(It's more fun to be a pirate than to join the navy.)

Appleの創業者、スティーブ・ジョブズの言葉です。

「海軍」とは、1983年当時の宿敵IBMのことです。ジョブズはIBMのことを、規則で縛って面白くもない仕事をコツコツやるよう強制する会社と見ていたようです。それに対して、自分たちアップルは、IBMに戦いを挑むコンピュータ業界のアウトロー「海賊」であり、自由への戦いを行っているのだ、という意味が込められています。

土木工学(どぼくこうがく、英語:civil engineering)とは、良質な生活空間の構築を目的として、自然災害からの防御や社会的・経済的基盤の整備のための技術(土木技術)について研究する工学である[1]。

土木工学は英語ではCivil Engineeringと表記する。当初は主として民業施設に関した工学を意味したとされる。これは1771年にイギリスの機械技術者ジョン・スミートンが、軍事以外の部門を意味するCivilをMilitaryの反意語として用いたCivil Engineeringに由来するとされている。現代では、mechanical engineering(機械工学)や electrical engineering(電気工学)と区別する目的でからであり、基本的には Civil(民間)分野だけを指してはいない。

1