1. まとめトップ

「Android4.xでスマホはどう変わる?」 夏モデル以降のアンドロイド情勢

スマートフォンでも2012年夏以降はAndroid4.0(コード名 アンドロイド Ice Cream Sandwich:アイスクリームサンドイッチ)搭載のものが続々登場し、近いうちに主流になります。Android4.0になると今のスマホはどう変わるの?なまとめです。

更新日: 2012年12月11日

12 お気に入り 27660 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dpartyさん

カメラアプリが強化され、撮影から次の撮影が可能になるまでの時間が短くなり、シャッターラグもなくしたという。

顔認識機能や画面をタップすることで焦点の位置を変えられる機能も搭載。手軽にパノラマ写真が撮影できる機能も追加された。

ギャラリーアプリには写真編集機能が追加され、トリミングや回転、赤目修正、エフェクト追加などの編集がギャラリー内で行える。

また、カメラアプリの「Live Effects」機能により、撮影中の動画にその場でエフェクトを追加できる。例えば、Google Talkのビデオチャット中に背景を変えたり、変な顔(Silly Facesという機能を使う)に加工できる。

「Android Beam」はNFC(Near Field Communication)を利用したデータ転送機能。

Google Mapsの地図やWebページなどのコンテンツを表示したまま、対応する端末同士を背中合わせに近づけて画面をタップすると、そのコンテンツを転送できる。アプリやゲームなど、転送先の端末にインストールされていないものを表示しておくと、転送先の端末にはそのアプリやゲームのダウンロードページが表示される。

なお、「NFC搭載のパソコン」も近いうちに登場します。

「Face Unlock」は、顔認識技術により、持ち主の顔面を認識することでスクリーンロックを解除する機能。

あらかじめ顔写真を登録しておき、端末の正面を顔に向けるとロック解除ができる。

この機能はオプションで、失敗すると通常のパスワードによる解除画面になる。

新たに「People」アプリが加わり、メール、電話、Google+やTwitter、LinkedInなどのソーシャルサービスといったさまざまなサービスで使う連絡先とプロフィールがここにまとめられる。

発表イベントでは、プロフィールから連絡手段としてGoogle+を選んでメッセージを送るデモが行われたが、アプリ一覧にはFacebookはなかった。

ユーザー自身の個人情報も「Me」プロフィールとしてPeopleアプリに含まれる。

■アンドロイド向けWebブラウザの高速化

WebKitとV8の新版を採用したことにより、SunSpider 9.1のベンチマークで、「Nexus S」ではAndroid 2.3より35%、「GALAXY Nexus」では70%高速化したという。

また、PC版のGoogle Chromeブラウザとブックマークを同期できる。Webページを保存してオフラインで閲覧できるようになる。保存したページは、ブラウザのブックマークと履歴のビジュアルリストから検索し、開ける。

■アプリアイコンのエリアグループ機能

ホーム画面のアイコンエリアで、アイコンを重ねて複数アプリをグループとしてに登録できるグループ機能を搭載

■アンドロイドでのスクリーンショット撮影

サードパーティーアプリで行なっていたスクリーンショットの撮影機能が標準機能となった。

■その他の機能含む、新機能・エンハンス機能一覧

・スマートフォンとタブレットのUIの統合
・リッチコミュニケーションと共有
・新しいソーシャルとカレンダーAPI
・NFCを利用したAndroid Beam
・WiFi Direct
・Bluetooth Health Device Profile
・操作性とカスタマイゼーション
・通知の改善
・ロック画面で、カメラと音楽の操作
・ランチャーのアプリ管理の改善
・画像や動画のエフェクト
・正確なカメラの測光、顔認識
・メディアコーデック対応の追加
・GPUによる2D描画
・新しいグリッドベースレイアウト
・ソフトウェアキーボードの改善
・スペルチェッカーAPI
・スタイラスによる入力サポート
・マウスサポートの改善
・新しいアクセスビリティと音声合成のAPI
・Linux カーネル 3.0

■Android(アンドロイド)スマートフォン関連リンク

1