1. まとめトップ

▼ Facebookで話題になっているフェアトレードの話

この絵、学校教育としてきちんと伝えるべきだと思う。
突き抜けないとこの絵の底に溜まったコーヒーしか飲めないよ、ということを。

コーヒー農家に限らず「一般的」な世界ではプレーヤーが違うだけで、個人に還元される利益はどこも同じような構造だと思うので。

俺はこういう構造に気付くまで多くの時間を要してしまったけれど、気が付いてからは違う目で世界を見ることができるようになったから。
こういうことを知ってるか知らないかだけで人生は大きく変わると思うし、少しでも若いうちにこういうことに気付き、自意識の高い人が生まれたら嬉しいな。
---
Facebookコメントより

▼ 数字が間違っていないか?視点が足りないのでは?という指摘

これ、図の数字が随分間違っていませんか。
スターバックスのIR上の仕入れの数字や、一杯当たりの原価計算で考えると、コーヒー産地からのFOB価格が最終小売の10%のシェアしかないとかあり得ないんですが。ざっとした計算だと、豆等積み下ろし価格が円建てで42円から47円、そこから国内元卸や多国籍企業のグループ卸値で68円から80円前後であって、一杯当たりのチェーン粗利が33%から37%程度であることを考えると、この図のように90%がコーヒー小売・国内流通のシェアになるはずがないです。
意図的に、設備投資やサービス部分への投資、埋没原価も含めてならして分かりやすく書いているのかもしれませんが、どうなんでしょう、これ。
---
Facebookコメントより

▼ 上記指摘をまとめたブログ

フェアトレードとか搾取を喰らうコーヒー農家がクズだという話からはメカ次元の彼方にある議論だろうと思います。

結論からいうと、「お前が飲んでいるコーヒー代というのは店舗の不動産賃貸代であり内装費用であり運搬費用でありブランドビルディングのための広告宣伝費でありバイトの雑給であり社員の人件費なのであって、常に代替需要に晒されている外食業界というのは構造的にそうなる宿命であり、仕入原価よりも問題とすべきはお前の座っている椅子やテーブルの時間貸しの性質であり、お茶などその店に立ち寄る口実に過ぎずテイクアウトはお前にとって根本的に損」という話で、フェアトレードとか搾取を喰らうコーヒー農家がクズだという話からはメカ次元の彼方にある議論だろうと思います。

元の図は「小売業者」って一本でまとめているのが汚い。

元の図は「小売業者」って一本でまとめているのが汚い。とても汚い。ミスリード誘発をガン狙いしている、四球狙いの鳥谷的アプローチですね。その肝心の内訳が大事だと言うのに。

つまり、お前らが街角でお茶する代金の結構な割合は不動産賃貸料とコーヒーを煎れてくれる人件費、設備什器代です。

つまり、お前らが街角でお茶する代金の結構な割合は不動産賃貸料とコーヒーを煎れてくれる人件費、設備什器代です。店のブランドと環境でセレクトした結果、何十分か店舗内で潰す時間代と思っておけばだいたいあってるんじゃないかと思いますね。

▼ 指摘に賛成するコメント

こっちにも失礼します。やまもとさんの受け売り(笑)ですけれども、例えばスタバのような企業体がその事業ないしは商売としてのコーヒーチェーンショップの運営をする際、企業として当然に掛かってくるコストは看過できません。魅力的なスタバの店員さんにお給料を払わねばならない、店の家賃だって払わねばならない、電気代だって必要だ…とまあ、いろいろ掛かるわけです。そういう諸々のコストをマークアップしているのであれば、スタバで売っているコーヒーの価格の中で原材料費(原価のごくごく一部です)が仮にこれっくらいになるとしても、何ら驚くに値しません。もしもそれがフェアじゃないという人がいれば、彼/彼女はコーヒー豆の生産地まで行って栽培から収穫、そして精製、さらには梱包・輸送や粉砕、焙煎といった一連の手続き(バリューチェーン)をもちろん全て自前でこなさねばならないでしょうね。まあ、それをできる覚悟があるからそうおっしゃっているんでしょうけれども。収益構造を学校で教えるというのには賛成です。
---
Facebookコメントより

一方で飲食店のアルバイトの時給の安さが叩かれる日本。カフェが暴利を貪っているような印象を与える図ですが、自分が一軒のカフェを作ろうと思って経費を計算してみると、場所によってはむしろ安いと思うようなケースも多々ありそうです。
---
Facebookコメントより

▼ ソースだと思われる図

『おいしいコーヒーの真実』(英題:Black Gold)は、2008年に日本公開された英米合作のドキュメンタリー映画。エチオピアでのコーヒー生産農家の地位向上のために活動するタデッセ・メスケラに焦点を当て、世界経済・貿易の不均衡と搾取の実態をレポートしたもの。2005年にイギリスのテレビドキュメンタリーで制作された同名の作品を、アメリカ合衆国と共同でリメイク映画化した作品である。

wikipediaより

▼ 「おいしいコーヒーの真実」の図を解説とコーヒー農家が困窮する理由

ただこれは、工業製品の消費者への販売価格と、一次産品の産地での買取価格を単純に比較したものであり、

トールサイズのコーヒー一杯330円のうち...

カフェ、小売、輸入業者の取り分  297円(90%)
輸出業者・地元の貿易会社の取り分 23円(7%)
コーヒーの農家の取り分      3~9円(1~3%)

ただこれは、工業製品の消費者への販売価格と、一次産品の産地での買取価格を単純に比較したものであり、このような計算を行うと、コーヒーだけでなく、ほとんどの加工食品や一次産品を原料とする工業製品の原料の生産者価格が、とても低いものになります。

このあたりを注意する必要があるのですが、いづれにしても、ものすごく安い価格でコーヒーが生産者から買い取られているという事実は変わりません。

コーヒー農家が困窮する背景には、コーヒー国際価格の暴落

コーヒー農家が困窮する背景には、コーヒー国際価格の暴落があります。

コーヒーは国際的に流通する商品作物で、その価格は、ニューヨークやロンドンの先物市場で決まります。そこではコーヒー豆に触ることすらない投資家たちが多額の利益を得る反面、 コーヒー農家の手取り価格は、低く抑えられてしまいます。

コーヒーの国際価格の暴落の主な理由

その他にもいろいろ原因がありますが、コーヒーの国際価格の暴落には、主には以下のような理由があります。

・1989年、コーヒー価格を安定させるための国際協定が崩壊。原因に、生産国間の利害の対立や、先進国の政府、倍専業者などからの自由貿易の圧力などがある。
・それが新興産地のベトナムの市場参入を許し、安いコーヒー豆が大量に国際市場に供給されたため、 供給過多でさらに価格が下がった。
・販売力のない農民は、それを持つ仲買人に売るしかなく、安く買い叩かれる。コーヒーの相場が下がると、それがいっそう激しくなる。

フェアトレードでコーヒー生産者を支援する団体では、最低保障価格で農家からコーヒー豆を買い取っています。

現状では生産者の暮らしが立ち行かない現実があるため、フェアトレードでコーヒー生産者を支援する団体では、コーヒー相場がどんな価格だろうと、同じ最低保障価格で農家からコーヒー豆を買い取っています。

▼ 本件に関する反響

仕立てて提供する人間の手間が軽視されすぎよね。生産農家に金あげたい人がなんぼ計算しても計算合わずに発狂するのはもうなんつーか。CDの経費比率のグラフ見て「レコード会社儲かりすぎ」と思ってたお前も同じだぞ / “数字をきちんと読めない人…” htn.to/U8uPD3

『数字をきちんと読めない人がフェアトレードとか言い出すと大変なことになるかもしれない』 これ読んでスッキリした。(この図のみを投稿して、ヒューマニティーやモラルに訴えかけるのはフェアじゃないとずっと感じてました)  bit.ly/IHhcDT

スタバは場所代と思ってる / “数字をきちんと読めない人がフェアトレードとか言い出すと大変なことになるかもしれない(メモ): やまもといちろうBLOG(ブログ)” htn.to/eZZw3x

こういうのが、もっと理解されると、仕事しやすくなる j.mp/KaMg0k 数字をきちんと読めない人がフェアトレードとか言い出すと大変なことになるかもしれない(メモ)

「テイクアウトしてお家に帰って飲む馬鹿は敗者」これが真理よね。原価が大したことないのは分かりきってるんだから、店に居座って元を取らないとねw 数字をきちんと読めない人がフェアトレードとか言い出すと大変なことになるかもしれない(メモ) bit.ly/JTwoOH

確かに、あの絵を素直に信じると大変。 RT @bon0404: フェアトレードに感心ある人には、読んで欲しい内容!RT @yuuu_a: 数字をきちんと読めない人がフェアトレードとか言い出すと大変なことになるかもしれない(メモ) bit.ly/JTwoOH

フェアトレードって言葉自体が、偽善臭。だって暗にそれ以外の取引をアンフェアトレードって言ってることになるんだけど、どうよ、この夜郎自大。=数字をきちんと読めない人がフェアトレードとか言い出すと大変なことになるかもしれない(メモ) bit.ly/JTwoOH

1 2





このまとめへのコメント1

  • ocn_sendaiさん|2013.03.28

    とりあえずスタバはコーヒー農家より先に東北地方の店員に首都圏並みの給料を払えよ。
    あれだけの過剰接客を強要されて時給750円とか頭おかしい。
    コーヒーの値段は全国一律なのに。

1

焼酎片手にまとめております。



  • 話題の動画をまとめよう