1671年10月31日、ホーンテッドマンションは Ub van der Iwerks というオランダ人の市長(ブルガマイスター)によって建てられました。
町の長老たちから神聖なインドの埋葬地を汚すなという警告を受けていたにもかかわらず、
川を見下ろす丘を建設地として選びました。建設中は、原因不明の事故に悩まされたりしましたが、1671年10月31日に無事完成し、家族と共にこの 館に引っ越してきました。
しかし、市長はこの館に引っ越してきてから気がおかしくなり、墓地に自らを密閉しました。
それにより、ヴァン一家はこの館から出て行くことになりました。
その後10年間、この館はホームレスの溜まり場や兵舎として利用されました。

1871年、その土地の有力者であるロナルド・スティーヴンズにこの館の権利が渡りました。
ロナルドは館の修復工事を始めましたが、以前と同じく原因不明の事故が多発し、石工のフレッドが落石で事故死しましたが、ロナルドが石工の仕事を引き継ぎました。
1871年10月31日、スティーヴンズ一家がこの館に引っ越してきた直後、ロナルドは心を失ったようになり、墓石に自分の名前を刻んだ日にボイラーの爆発で死亡。
彼の遺体は“SNEVETS NOR”と記された墓碑銘の下に埋められました。
ロナルドの死後スティーヴンズ一家はアメリカ降霊術協会に館を売り。
協会は館のあるひとつの部屋を降霊術の会のための部屋に変え、夜中に霊を呼び出すために使われました。
1914年の協会の解散までに降霊の回数は900回を超えました。
その後、館はジョージ・グレイシーへと渡されました。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】ホーンテッドマンション ~バックグラウンド・ストーリー

東京ディズニーランドにある人気アトラクション、「ホーンテッドマンション」のあまり知られていないバックグラウンド・ストーリーを紹介します。なかなか怖いです。ぜひ部屋を暗くしてどうぞ。

このまとめを見る