1. まとめトップ

Googleロゴがこどもの日仕様に

子供の日とは

こどもの日(こどものひ)は、日本における国民の祝日の一つ。日付は5月5日である。
祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウイークを構成する日の一つである。

端午の節句はいつからあるの?

それは古代中国にまでさかのぼります。
端午の端の字は見た通り、「はじ」つまり最初の意味。
それに加え、午は「うま」と読み、あわせて「5月最初の午の日」、という意味でした。
そう、つまりこどもの日は、何と5月5日と決まっていたわけではなかったのです。
ところが、それがいつの間にか、五と午のゴロあわせで、5月5日になり、
その日が大事な厄払いの日、となりました。

日本にはいつ上陸したの?

時代は巡って、時は奈良・平安時代。
この頃には、五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)は、季節ごとの身のけがれを
お祓いする行事として貴族の間に知りわたり、彼らはその日には薬草摘みに出かけたそうです。
そしてその五節句のうちの端午の節句が、後に時はまた巡って、
1948年、政府は五月五日をこどもの日とし、祝日になったのです。
その際、日本では男子のみの祝いから、男女共の祝いとなりました。
昨今、海の日やハッピーマンデー法が出来たのと同じに、
遂にその時、端午の節は正式に日本の行事とされたのです。

そもそも端午の節句ってどういうものなの?

その昔、古代中国では端午の節句になると、薬草である菖蒲を使って
菖蒲湯や菖蒲酒を飲み、その菖蒲で体のけがれを祓って健康と厄よけを願いました。
その行事が日本に伝わり、宮廷から日本武士へと伝わった時、
日本武士は菖蒲を尚武(武をたっとぶ)にかけ、端午の節句を祝うようになりました。

鯉のぼりの起源は?

武士に浸透して以降、幕府は5月5日を重要な日とし、大名や旗本は式服でお祝品を整え江戸城に出向きました。
これ以降、武士の家に男子が生まれると、門前に馬印というものや、のぼりをたてるようになり、
その風習が一般にも伝わって、庶民はのぼりをたてるかわりに鯉のぼりをたてたのでした。
庶民は、のぼりをたてる事を許されていなかったので、出世するようにとの願いをこめたのです。
鯉のぼりはこの時はじめて端午の節句に関わってきたのですね。

鯉のぼりの由来は、鯉が「龍門」という滝を登りきると龍になって天へ登るという中国の伝説からきており、鯉のぼりを飾ることで男児の健全な成長と立身出世を願う目印となったという。

鯉のぼりの歌にお母さん鯉が出てこない理由は?

以下のような説があるそうだ。
「歌が作られた時には鯉のぼりは2種類しかなかったから」
「端午の節句は男の子の日だから」
「2番の歌詞には出てくる」
「昔、端午の節句は女性が家事から解放され、別の場所に集まって飲んだり食べたりする日だったから」
など

なぜ鎧兜を飾るの?

鎧兜の伝統は意外にも戦後になってからでした。理由としては鎧兜は古くから身体を守る象徴として
考えられており、そのため男の子を事故や災害から守るといわれているのです。
このような考えから、端午の節句の鎧兜は実は戦い争うためでなく、
本当は身を守るため、健康に成長するように、との願いから飾るようになったのです。

今現在の日本の子供の人口は?

・1665万人(前年比12万人減)【H24 / 4 / 1】

・31年連続して減少

・総人口の13.0%(0.1%減)

参照

1





適当にまとめます。

このまとめに参加する