1. まとめトップ

【ウルトラブック勢揃い】インテルフェスタ 2012出品製品まとめ

ウルトラブックが、徐々に増えてきて、どんなものが出ているのか気になったので、リンク集としてまとめました。途中から、どれが未発売なのか混乱しそうになりました・・・。日本製品のHPが見てて分かりづらかったのが印象的です。

更新日: 2012年05月27日

3 お気に入り 5001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sunafu35さん

イベント

ショーケースに展示されたUltrabook™ 製品一覧

【アスース・ジャパン】 ZENBOOK™ UX21E「インテル® Core™ i7-2677M プロセッサー」

【NEC】 【参考出品】発売前モデル LaVie Z「第3世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載予定」

【オンキヨーデジタルソリューションズ】 DR6A-US31「インテル® Core™ i7-2637M プロセッサー」

【サードウェーブ】 Prime note Rigel C5「第3世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載予定」

【ソニー】 【参考出品】発売前モデル

【デル】 XPS™13「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」

【東芝】 dynabook R631/28E「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」

【日本エイサー】 Aspire S3「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」
            Aspire M3「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」

【日本ヒューレット・パッカード】 HP ENVY14 SPECTRE「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」
                     HP ENVY14 SPECTRE「インテル® Core™ i7-2677M プロセッサー」

【富士通】 FMV LIFEBOOK UH55/H「インテル® Core™ i3-2367M プロセッサー」
        FMV LIFEBOOK UH75/H「第3世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載予定」

【マウスコンピューター】 LuvBook Xシリーズ「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」
                 LuvBook Zシリーズ「第3世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載予定」

【ユニットコム】 Lesance NB S3431/L「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」

【レノボ・ジャパン】 Idea Pad U300s「インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー」
             【参考出品】「第3世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載予定」

ウルトラブックとは?

IntelではUltrabookを以下の通り定義している。

■プロセッサは第2世代以降のCore iシリーズプロセッサ(「Sandy Bridge」、
 「Ivy Bridge」及び「Haswell」)を搭載。
■高さは14型以上の場合は21mm以下、14型未満の場合は18mm以下。
■バッテリー駆動時間は5時間以上。8時間以上が奨励されている。
■I/OはWi-Fi機能のみが必須とされている。「Ivy Bridge」世代以降は
 これに加えてUSB3.0への対応も必須とされる。
■Rapid Start Technology等の搭載によるハイバネーション状態からの7秒以内の復帰の実現。
 (「Ivy Bridge」世代以降搭載モデル)Smart Connect Technologyの搭載。

各社のウルトラブック

NEC

「マグネシウムリチウム合金」をPCとして初めて採用。この新素材の比重は、アルミニウムの約50%、軽量ノートによく使われているマグネシウムの約75%と軽く、剛性も高いという。LaVie Z専用に開発された。

 このマグネシウムリチウム合金の採用により、13.3型で重量999g以下を達成する見込みとしている。このクラスでは世界最軽量となる。

周りでは「新しいiPad(652グラム)よりちょっと重いくらいだね」という声も聞こえたが、なるほどその表現が近いかもしれない。999グラム以下とあるが、確実にその数値より低いことは間違いない。

SONY

アルミニウムとマグネシウムで作られたシャーシを採用し、小さくて軽いながらも高い堅牢性。
秒単位の素早い「高速起動」を実現しながらも低消費電力性能(エコ)を実現。最大9時間のバッテリー寿命(SSDモデルの場合)。
明るく鮮やかな、11インチまたは13インチのLED液晶ディスプレイ。SSDや、HDDとSSDのハイブリッドによる素早いデータの読み書き。様々な機器を接続できる豊富なインタフェース。xLOUDオーディオ技術採用によるクリアな音質。

MacBook Airに象徴されるような「くさび形デザイン」を採用せずにVAIOらしさを反映したデザインになっています。
 「ウルトラブックが欲しいけど、違ったデザインが良い」という方、「VAIO版ウルトラブックを待ち望んでいた」という方には、オススメの商品ではないでしょうか。欧州地域では5月から発売開始とのことです。

Lenovo

超薄型・軽量ノートブック UltraBook™

天板から底板までをつなぎ目のないワンピース構成のメタルカバーで覆い、デザインにもこだわったスタイリッシュな製品

天板はメタリックな質感の「クレメンタインオレン」。裏側も同じものが使われている。他の部分は非光沢ブラックで指紋などが目立ち難い。色の好みはあるかも知れないが、写真からも分かるように、非常にクールで美しいデザインだ。持った時のバランスも良い。

オンキョー

ウルトラブックの魅力はなんと言っても数秒で起動する早さ!
使いたいときにすぐ起動できる点は、持ち運びできるノートPCにはうってつけ。もちろん、折りたたんだ休止状態からの復帰も素早く動作します。

サウンドであるが、SRS PREMIUM SOUNDなどを搭載していない普通のRealtek HDオーディオの割りには全体のバランスや抜けが良く、非常にまとまった音質だ。最大音量も十分にあり、コンテンツを楽しむことができる。

1 2 3