歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日)は、浮世絵師。本名安藤鉄蔵。
歌川豊広の門人。江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。
かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。

出典歌川広重 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【浮世絵】江戸時代のネコ好きが描いた絵がかわいすぎて・・・【河鍋暁斎・歌川国芳ほか】

江戸時代末期、猫とともに生きた浮世絵師が残した珠玉の猫画像集 ( #neko #mofu #猫部 #katten #gato #chat #katze #kitty #felines #ukiyoe #Hiroshige #Yoshifuji #Kuniyoshi #Kawanabe )

このまとめを見る