1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

rutogarさん

自動車事故や被害にあったときの損保の払い渋り

示談では、損保は必ず安い金額から交渉を始める

「損保会社がやっている示談交渉サービスには、真実追及とか原因究明なんて高尚な理念はありません。ひと言で言うなら、いかに会社側の損害を抑えられるかってことですね。

はっきり言って、示談額の2割、3割引きは当たり前。カメラの安売り店みたいなものです。

当事者の出方と、こちらの担当者の裁量次第でどうにでもなる。要するに、駆け引きなんです。

ところが大半の事故の当事者は、保険会社が真実を探して、適正に納得のいく処理をしてくれると信じている。そこに大きなギャップがあると思いますね」

ゴネる相手には、「どうぞ裁判でも何でもやってください」ときっぱり言い渡す。大半の人は裁判を起こしてこない。

※元損保社員の話

1