1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ken.tamaさん

コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。

コーヒーのみ

高い圧力をかけて抽出した濃いコーヒー

水(お湯) + コーヒー(エスプレッソ)

コーヒー + ミルク

濃く淹れたコーヒーと熱い牛乳同量を、カップに同時に注いだもの

エスプレッソ+泡立てた牛乳

「コーヒー・牛乳」と言う意味のイタリア語です。イタリアでは「Caffe(カフェ)」といえば一般的にエスプレッソのことを言います。 日本でもエスプレッソを用いたものを「カフェ・ラテ」と言い、カフェ・オ・レと区別しています。

コーヒー(エスプレッソ)+スチームミルク+ミルク

好みによってチョコ、シナモンやココアパウダーで風味付け
エスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたもの

エスプレッソ+少量の泡立てた牛乳

コーヒー(エスプレッソ)+ミルク+チョコレート

エスプレッソコーヒー、チョコレートシロップ、スチームミルクを混ぜた飲料。チョコレートとミルクの代わりにココアを使うこともある
ホイップクリームなどをトッピングすることが多い

ミルク + チョコレート 

ミルク、チョコレートおよびココアパウダー、砂糖などで主に作られる

エスプレッソ + ホイップクリーム

エスプレッソの上にホイップクリームを浮かべたもので、ミルクは使用しない。しばしばココアパウダーをかける

豆の違い

・キリマンジャロ
アフリカ大陸第一位の高山であるキリマンジャロのふもとで作られ、高雅な風味と濃厚なコクのあるコーヒーは、モカとコロンビアを混ぜ合わせたような特徴があります。強い酸味と甘い香りがあり、ストレートでも愛好家に喜ばれています。

・モカ
独特の酸味とコクがあり、気品のある香りは古くからコーヒーの貴婦人として親しまれ、世界最高のコーヒーとして認められています。特にモカの特徴は香りよりも味あるといわれます。

・ブルーマウンテン
英国王室用のコーヒーとして名高く調和のとれたやわらかい味と高い香りは、確かに世界最高級品でありましょう。ストレートで飲むコーヒーの代表的なものです。

・ガテマラ
 酸味と渋みがあり、豊かな香りと上品な風味は、高級配合用として使われています。特に産地産のビクトリーは最高級品として知られています。

・ブラジル
世界コーヒー生産額の60%以上を産出するこのブラジル・コーヒーは香り高く適当な苦味のある中性の味で、配合のベースとして、どのようなコーヒーの味にもあいます。

・コロンビア
甘い香りと円熟した濃くのある酸味があり、マイルド・コーヒーの代表的な品種です。配合用にもストレートでも愛飲されています。

・マンデリン
世界最高級のコーヒーの一つと数えられ、豊かな濃くと香りをもち、苦味のあるしっかりとした味のコーヒーです。

参考URL
http://ww5.et.tiki.ne.jp/~ocha/coffeeshurui.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

おまけでラテアート画像

1 2