1. まとめトップ

【フランソワ・オランドの暴露本】運命の女セゴレーヌ・ロワイヤル 仏大統領の仮面夫婦生活

フランソワ・オランド(François Hollande、1954年8月12日 - ) は、フランスの政治家。フランス社会党第一書記であり、フランス共和国大統領当選者である。

更新日: 2012年05月07日

1 お気に入り 10440 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

セーヌ=マリティーム県ルーアン出身。耳鼻咽喉科の医者ジョルジュ・オランドを父に、ソーシャルワーカーのニコール・トリベールを母に生まれる。パートナーであった政治家、セゴレーヌ・ロワイヤルとの間に4人の子供がいる。
パリ政治学院(通称:シアンス・ポ)で法学士の学位を取得、同校でフランス全学連の委員長を務める。1974年、パリのHEC経営大学院(HEC)に入学、フランソワ・ミッテラン支援委員会の委員長を務める。1980年、国立行政学院(ENA)を7番目の成績で卒業、会計監査院の検査官となる。この1年前にオランドは社会党に入党している。ジャック・アタリの後押しにより、フランソワ・ミッテランの参事官となる。

1981年、ジャック・シラクの対立候補として国民議会選挙に立候補するが、第1回選挙で敗退する

2012年に行われる大統領選挙への出馬を目指し、社会党の予備選に立候補を表明した。2010年10月に行われた予備選の決選投票で、現第一書記であるマルティーヌ・オブリーを破り、大統領選の公認候補に選出された。

2012年4月22日に施行された2012年フランス大統領選挙第一次投票で得票率28%を獲得し、現職のニコラ・サルコジを抑えて第1位となったが 、過半数を獲得できなかったため、規定により5月6日の決選投票に持ち込まれた。決選投票で過半数を獲得し、サルコジを下して初当選を果たした

暴露本「運命の女」

2007年に事実上の妻であるセゴレーヌ・ロワイヤルが大統領選に敗北してまもなくフランス高級紙「ル・モンド」の記者2人による著作「運命の女」が出版された。これは、それまでオシドリ夫婦と見られたオランドとロワイヤルが10年以上前から「仮面夫婦」の状態であることを暴露したものである

1 2 3