1. まとめトップ

<東北>震災復興を応援するカワイイもの -2020年版-

復興支援の形は様々ですが、ものが売れて、被災した方の生き甲斐に通じたり、支援を目的に生み出され、しかもオシャレでかわいくて、ただの寄付ではない形。買った人もハッピーになれる…そんな視点から選んだものを、まとめています。※2012年05月作成 随時更新中です

更新日: 2020年03月07日

182 お気に入り 329682 view
お気に入り追加

東日本大震災で仕事が激減している被災地において新たな職を起こすことを目的に、被災された方々とPRe Nipponが連携して作った自由帳。障害者の方の仕事創設のために考え出されました。

書籍の出版前に校正(誤字脱字などのチェック)を行いますが、その校正はやはり紙上で行うのが確実なため大量の紙が使用されます。そのゲラは裏は白紙なため、白紙の部分を使用し一つひとつ手作りで製本し、メモ帳に仕上げています。

http://pre-nippon.com/geramemo.html

★木づかいショップ

以前は盛んであった林業も外国からの輸入製品に押され衰退していっています。それに伴いメンテナンスできなくなった森の問題が昨今話題となっています。木づかいショップでは森の木を適正に使い、環境と社会貢献へつながることを目的としているショップで、活動の一環として東北復興支援事業を行っています。

木づかいで復興を支えようと、2012年に「復興支援 東北材デザインコンペ」を開催。その入賞作品の中から2013年に製品化したものの中の一つです。製作・加工は南三陸の工房で行っています。

https://www.kizukai-shop.com/shop/kizbiz/#cc-m-product-8554996592

TVで紹介されて人気となった商品だそうです。サラダを入れたり、スイーツを載せたり、色々できそうですね。ホームパーティーの時にも使えそう。同じデザインの小皿もあります。

http://www.kizukai-shop.com/shop/

★東北復興木づかいプロジェクト

長い間、防風林や屋敷林として活躍していたけれど、被災し倒れてしまった木を、有効活用し、復興に繋げるためのプロジェクト。

安定感のあるステンレスの足がついています。子供から大人まですわれます。

シリアルNo.がついていて、どんな場所の、どんな木から生まれたのかがわかるようになっています。

他にも、タコマツのベンチタイプの「フタゴマツ」、座面が少し高い「イカマツ」があります。

https://www.kizukai-shop.com/shop/takomatsunokizuna/#cc-m-product-7493130792

★ベビーモスリンプロジェクト

イギリスなどでは、コットン100%の平織りの真四角な布「モスリンスクエア」が、出産育児の必須品として古くから子育てに使われています。ベビーモスリンプロジェクトは、ロンドン在住の日本人ママさん達により、東北支援として、2011年3月の東日本大震災直後に発案・発足。

東日本大震災で被災した新生児、乳児、幼児及びその母親を対象とした生活基盤支援を目的とし、コットン100%のベビーモスリンを被災地で縫製することにより雇用を創出しています。

ガーゼのようなさらしのようなベビーモスリン。ロンドンでは昔から使われているこのベビーモスリンを制作することで、現地に雇用が発生するとのこと、ベビーだけでなく、介護でも使えそうです。

http://www.babymuslin.org

★東松島ステッチガールズ

東松島市内の子育て中の主婦が中心となって結成され、クロスステッチ刺繍作品の制作を通じて、復興と街興しをするべく、東松島の新産業として輪を広げていっています。

出典 https

東松島ステッチガールズがステッチを施した、ブルーインパルスの「てぬぐい」「マグネットバ」「ストラップ」「ブローチ」のセット。ふるさと納税品です。

https://item.rakuten.co.jp/f042145-higasimatusima/062401/

★梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ

「編み物」という手段により、被災地の方々が一日でも早く自立した生活を確立すること。を願い、そして、「しあわせを編む仲間」の輪を気仙沼から全国に広げることを目的として、ドイツ出身の梅村マルティナさんによって設立された会社です。

腹巻きにもなる一石二鳥な帽子。ドイツの高級毛糸のメーカー「opal」の毛糸を使ってます。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/kesennu-market/096a.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title#&gid=itemImage&pid=1

★株式会社ハレノヒ

宮城県塩竈市の木「塩竈桜(シオガマザクラ)」は、平安時代には品種として成立していたとも言われる、大輪の八重ザクラ。ハレノヒでは鹽竈桜のブローチや、ストラップ、ふろしきなどを販売しています。

繭玉を手作業で染めているので、1つ1つ色が違うとか……。色のグラデーションが素敵ですね。いくつかまとめてつけても素敵です。

http://hare-no-hi.com/product/

★イッシープロジェクト

被災地のママさん達に継続的に発注するために生まれた、馬のチャーム「いっしー」。馬は古来から人間とともに過ごしてきた動物の一つであり、世界中で縁起の良いラッキーアニマルとされています。

日本でも「うまくいく」「転ばない」「千客万来」「商売繁盛」「立身出世」などといわれ、神社では神様に馬を奉納する習わしから代わりに絵馬に願い事を書くようになったくらい、馬は特別な生き物とされてきました。そんな馬の手作りのチャームは、何か良いことを運んできそうな気がしますね。

インスタ映えしそうな赤と、キラキラチャームとレースがかわいい「いっしー」です。

※こちらの写真のリンクはふるさと納税のものになっています。オフィシャルサイトは下記のページです。
http://issie.net/

★気仙沼さん

通販サイト運営をしている「気仙沼さん株式会社」さん、一ショップにおさまらず、地域の活性化と情報発信、観光客の誘致、などに積極的に貢献していこうとされていらっしゃるようです。

★ホヤぼーやセレクトショップ気仙沼

気仙沼市物産振興協会が運営するネットショップ。気仙沼市のゆるキャラ「ホヤぼーや」の製品の他、様々な気仙沼のものを売っています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11