1. まとめトップ

いきなり国会に20議席以上……ギリシャ、「黄金の夜明け」とは

ギリシャの総選挙で注目されている極右政党、「黄金の夜明け Golden Dawn」について。

更新日: 2012年10月19日

1 お気に入り 11397 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

ギリシャ総選挙の選挙運動最終日だった4日、支持を大きく落としている2大政党のうち、中道左派は国会前広場で集会。聴衆は長年の支持者である高齢者が多かった。 pic.twitter.com/7aA45Nuw

朝日新聞、石田博士さん(ローマ支局)がアテネ入りして伝えています。

ギリシャの2大政党のうち中道左派の党首は「ユーロにとどまるか、破滅の道を選ぶか」と演説し、国民に我慢を求めた。しかし会場の横を通りすぎた若い女性は「ここに来ているのは今まで恩恵を受けたお年寄りばかり。政府とEUが破滅しない代わりに、私たちの暮らしが破滅していく」と怒っていた。

得票率が3%に達しないと議席は認められません。3%を超えれば7-8議席は取ることになります。「黄金の夜明けに入れる」というのが、2大政党への怒りの合い言葉のようになっている節も。 RT @melolotm 記事を拝読致しました。明日の選挙は極右の票に注目してみますね!

ギリシャ総選挙は日本時間7日午前1時に投票終了です。地元メディアがすぐに出口調査の結果を発表し、日本時間の朝までには大勢が判明するとみられます。何が焦点か、記事にまとめました。 t.asahi.com/6hzw

ギリシャ総選挙)日本時間午前8時現在、開票率74.7%。300議席中、内務省発表の獲得予想議席→ND110、PASOK42。2大政党で152。極左50、中道右派新党32、共産26。極右「黄金の夜明け」が21議席。極左が強いアテネの開票がまだ6割で、NDとの差が詰まっている。

支持を伸ばしたのは、反緊縮策を掲げて国民の不満を吸収した小政党。「債務返済の拒否」を唱えた「急進左翼進歩連合」が第2党の座を固めた。ND離党組が結成した緊縮策反対の新党「独立ギリシャ人」や欧州連合(EU)脱退を訴える共産党とあわせて100を超す議席を得そうだ。

 また移民の排斥などを唱える極右政党「黄金の夜明け」が都市の貧困層を中心に支持を広げ、20前後の議席獲得が予測されている。

2012年5月7日13時42分

移民排斥を訴える極右の「黄金の夜明け」の得票率は推定6.9%で、初めて議会入りすることになりそうだ。21議席を獲得する見込み。

2012年 5月 7日 13:17 JST

セルティック・クロス(キリスト教の象徴。ギリシャはトルコとの確執がある)にローマン・サリュート。

According to Michaloliakos, the use of the Roman salute is a tribute to National Youth Organisation, a World War II-era youth organization connected with the 4th of August Regime whose membership was open to Jews.

「あのサリュートは第二次大戦中のNational Youth Organisationを讃えてのものであり、うちはネオナチではない」と仰っているそうですが、National Youth Organisationがナチじゃないっすか。というか、「ジューイッシュにも党員資格があったのでナチじゃない」って、いや、そうじゃなくって……

(the 4th of August Regimeとは…)

After monarchy was re-established in Greece, Metaxas became premier in April, 1936. Arguing that unending Communist protests were putting the country’s law and order in peril, he dissolved the Parliament with the support of King George II and established an authoritarian regime with fascist leanings on August 4th, 1936. Hence the name of his regime.

Metaxas’ grandiose vision was to lay down the foundations for a so-called ‘Third Hellenic Civilization’, which was to be heir of two lorious episodes of Greek history: ancient Greece and the Byzantine Empire. Whatever his intentions, what he actually created was more a Greek version of Nazi Germany.

出典t.co

……「1990年」というのはジョークなのですが(古い写真)、「黄金の夜明け Golden Dawn」は「ネオナチ」です。

事務所には、上の古い写真にあるナチスのマークのポスターとよく似たポスター(ただしスワスティカではなくセルティック・クロス)。

アルジャジーラのマストヘッドにあったバナー。Tシャツにセルティック・クロス。

記事は:
http://stream.aljazeera.com/story/greeces-right-wing-new-dawn-0022199

この「欧州国民戦線」のメンツが、イタリアの「フォルツァ・ヌオヴァ」のほか、毎度おなじみの:
- ドイツのNPD
- スペインのファランヘ党
……すなわち「ネオナチ」、という定義そのものみたいなものですね。「欧州国民戦線」には、これら独伊西3ヶ国の極右・ネオナチ政党に加え、ポーランドとルーマニアの極右政党も加わっているのですが、ギリシャの「黄金の夜明け」もその一部。

なお、この「欧州国民戦線」にかつてギリシャから加わっていたのは、「黄金の夜明け」ではなく「愛国同盟 Patriotic Alliance」という集団でした。「愛国同盟」は極右の政治団体の連合体だったそうで、2004年に発足したものの、2007年1月には解散しています。いずれにせよ、「黄金の夜明け」の人たちが主導的メンバーであったのですが。
http://en.wikipedia.org/wiki/Patriotic_Alliance

それから、欧州議会の「極右」というと、別の「政党」があります。
http://en.wikipedia.org/wiki/Alliance_of_European_National_Movements
英国のBNP、ハンガリーのJobbik、フランスの国民戦線(ルペンのところ。ただしマリーヌ・ルペンはこの「政党」は抜けたらしい)など。

で、以下で見るように、「黄金の夜明け」の人たちは自身について「ネオナチではない」と主張しているのですが、ならNPDやファランヘ党とがっつりつながってるのは何ですか、としか言えないです。

ILLEGAL IMMIGRATION is a major issue in the Greek general election and if opinion polls are to be believed, a party with more than a whiff of neo-Nazism about it is poised to enter parliament for the first time after the May 6th vote.

The net effect, the ghettoisation of a large swathe of central Athens for instance and a popular desire to apportion blame for the crisis engulfing Greece, has provided fertile territory for Golden Dawn, a far-right organisation with a penchant for black shirts and neo-Nazi paraphernalia.

It was founded in 1993 by Nikolaos Michaloliakos (55), a far-right activist since elected to Athens Council. A fan of the junta that ruled Greece from 1967 to 1974, Michaloliakos has fond memories of meeting the deposed colonels while in jail, where he was twice – once for assaulting journalists and once for illegally carrying guns and explosives while also serving in the Greek army, from which he was then cashiered.

軍歴があり、銃・爆発物の不法所持と、ジャーナリストに対する暴行で有罪・実刑になったことのある人物がリーダーの反共ウルトラ・ナショナリスト集団。「昔はよかった」(「昔」=軍事政権)系でもある。

(オフィスの中)

There are three tables and chairs and activity that mirrors any constituency office during an election campaign, but the posters and books on display tell a different story.

Most of the books for sale have neo-Nazi symbols on their covers. Most are in Greek and are historical but they include one titled White Power. Another sports on its cover Josef Goebbels...; still another has a picture of Field Marshall Erwin Rommel ...

この記事、このあとのオフィスにいた33歳男性との「ホロコーストはあったと思いますか」のやり取りがすごい。(この話に慣れてない人は、かなり消耗するからうっかり読まないほうがいいかも。)

さらにそれよりすごいのが下記。

Alexandrakis does not believe in democracy, as most people seem to understand it. “The politicians lie and steal from me and my people. I don’t believe in this democracy. Real democracy is telling the truth.” Nor does he believe in capitalism.

“I feel socialist but not Marxist,” he says. “I don’t believe in syndicalism ... or in fascism. I believe in co-operation, in one union for all workers.

“I am a nationalist, I am a socialist but I am not German so I am not a national socialist.”

''We are not racist,'' Rosalie assures me. ''They [immigrants] are [racist] towards us, because we love our country. Is this wrong?

''We brought civilisation, we brought everything. They kill us and they rape us.''

The next morning, the party campaigns in the affluent Athens suburb of Marousi. It is striking to see how many people take the fliers and newspapers as they are handed out, the party's growing popularity clearly visible.

このように、BBCは「支持者・共感者は貧困層だけではない」ということを報告しています。

(10年前の英極右BNPの隆盛のときにこんな感じになってたのですが、結局、BNPは議席を持っても脳みそ筋肉アピール状態で呆れられ、さらに警察に浸透されたり、純然たる内輪もめで分裂したりして瓦解、今年5月3日投票の地方選挙では溶けました。)

1 2 3 4





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1