1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ネットで"気軽"に作曲ができる作曲ツール【ちょっとした暇つぶしに】

なかなかいいメロディが思いつけないことがありませんか?そこで、ちょっとした暇つぶしとして作曲できるものから、ちょっと本格的な作曲ができるツールを集めてみました。

更新日: 2013年03月07日

518 お気に入り 153483 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Okazさん

お手軽に作曲できるツール

ヤマハの TENORI-ON に似たインターフェースが特徴のシーケンサー。
8種類の音源とピアノ・ロールの組み合わせで作曲を行います。
作成した曲は、ブログに貼り付けたり、曲のURLを通じて共有したりすることもできます。

独特なインターフェースを持つ作曲ツール。
マス目をクリックすると、矢印のついたパネルが現れます。また、その矢印をクリックすると、矢印の向きが変わります。
Playボタンを押すと、パネルが動き始め、壁に当たると音が鳴りパネルの動く向きが逆になります。
作成した曲は、曲のURLを通じて共有することもできます。

Daft Punkごっこができる作曲ツール。
Daft Punk の名曲「Harder, Better, Faster, Stronger」や「Technologic」のフレーズが書かれたボタンを押すと音源が再生されます。
ショートカットキーにも対応しています。
AndroidアプリやiPhoneアプリとしても提供されています。

マウスを動かすだけで作曲ができる作曲ツール。
音だけではなく、キャンバス上のエフェクトを楽しむことができます。
ピアノ、フルート、バイオリン、ギター、ハープ、ストリングス、ベース、テナー・サックスの中からの音源を組み合わせ、マウスポインタをキャンバスの上に移動させると演奏することができます。
ただし、保存したり、Web上で共有することは出来ません。

ドラッグ&ドロップだけで手軽にアカペラ作曲ができるツールです。
コーラスからボイスパーカッションまで、さまざまな音源と組み合わせることができます。

ちょっと本格的な作曲ができるツール

通常の DAW と同じような感覚で作曲ができる作曲ツール。
アナログシンセ、FMシンセ、サンプラーが用意されています。
また、完成した曲を保存することができます。

Web上で編集できる高性能な画像エディタを提供していることで有名な Aviary が提供しているドラムマシン。
ピアノやドラムなどといった音源が50種類以上あります。
また、アカウントを登録しておけば、完成した曲を保存することができます。

実際の電子楽器と同じような感覚で操作できる作曲ツール。
ローランドの『TB-303』をはじめとしたシンセサイザーや同社の『TR-808』と『TR-909』をはじめとしたドラムマシンの他、幅広い種類のツールやエフェクトが使用できる。
作曲や電子楽器に慣れていない人は、ヤマハの TENORI-ON に似たインターフェースを持つシンセ「Tone Matrix」がおすすめ。
登録しておけば、完成した曲を保存することができる。
また、コラボレーションに対応しており、友達との作曲もできる。

ネタ

実用性がないが、非常に興味深い作曲ツール。

ギブソン・レスポール生誕96周年記念に作られたGoogleロゴ。
マウスを動かしたり、キーボードを入力したりすることで演奏することができます。

『ドリランド』のCMで流れるフレーズで作曲するツール。
Playボタンを押すと音声が再生され、Stopボタンを押すと停止します。
「|」で繰り返し、「+」「-」で再生速度の調整ができます。
ちなみに、このツールには隠し機能がありますが、課金しなくても使えます。

関連まとめ

無料で気軽に使えるフリーソフトやWebサービスに関するまとめです。

1 2