1. まとめトップ

【画像あり】宅間孝行(41)と離婚した大河内奈々子(34) 東京セレソンデラックス主宰

脚本家で俳優の宅間孝行(41)と女優の大河内奈々子(34)が離婚    宅間 孝行(たくま・たかゆき)1970年7月17日、東京都出身。41歳。97年に劇団「東京セレソン」を旗揚げし、役者の傍ら、脚本家としてはサタケミキオ名義でTBS系連続ドラマ「花より男子」シリーズなどを手がける。

更新日: 2014年02月12日

3 お気に入り 72046 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

脚本家で俳優の宅間孝行(41)と女優の大河内奈々子(34)が離婚

宅間孝行

◆宅間 孝行(たくま・たかゆき)1970年7月17日、東京都出身。41歳。97年に劇団「東京セレソン」を旗揚げし、役者の傍ら、脚本家としてはサタケミキオ名義でTBS系連続ドラマ「花より男子」シリーズなどを手がける。09年に、サタケ名義から宅間孝行に統一した。現在、テレビ朝日系「都市伝説の女」(金曜・後11時15分)に出演中。6月には脚本を手がけた映画「愛と誠」が公開。

慰謝料などは発生しない

3歳の長男の親権は大河内が持つ

大河内が宅間のファンだったことから05年10月に交際をスタート

早稲田大学本庄高等学院卒業後早稲田大学を中退。1997年、武田秀臣とともに劇団『東京セレソン』を旗揚げ。主宰を勤めると同時に座付作家、演出家、役者も兼ねる。
2006年11月27日に女優の大河内奈々子と結婚し、2008年9月4日に第一子となる男児が誕生したが、2012年5月7日に離婚した。
脚本家としてはサタケミキオ名義で活動していたが、2009年4月より脚本家・俳優ともに「宅間孝行」名義に統一した。

1 2