1. まとめトップ

この目で見たい北朝鮮旅行! 10万円安くする行き方3パターン

謎のベールに包まれた北朝鮮。いろいろ入国に問題もありますが、申請すれば案外フラッと行けるらしいですよ。「これだけ高かったらハワイに行くよ」なんて声が聞こえてきそうですが、料金プランを見直して今度の連休にでも「最後の社会主義国」への旅行を検討してみてはいかがでしょうか!?

更新日: 2017年06月22日

51 お気に入り 772366 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moshi88さん

未知のヴェールに包まれた国、北朝鮮。
そんな北朝鮮にも普通に入国して観光できることをご存知でしょうか?

北朝鮮の観光旅行の見どころや行き方、料金、注意点などについてまとめてみました。

◆とりあえず押さえておくべきこと

まず、注意しなければいけないことから。

両親が、マスコミ・自衛官・政府関係者・警察官だと入国できない。

同じマスコミでも記者ではなく広報や人事の部署にいれば入れることがあるそうです。
(追記:金正日体制→金正恩体制になってから、ずいぶん緩和されて入りやすくなったようです。)

指定されたガイド同伴でないと入ることができない。

党が指定したガイドと同伴でないと勝手な行動はできません。日本語ガイド、英語ガイド、中国語ガイドなどが同伴します。

主に中国を経由して入国する

空路→瀋陽 or ウラジオストック
陸路→丹東 or 琿春
両方→北京
この5つのルートが一般的です。
琿春に関しては、日本人観光客は入ることがほとんど不可能です。
丹東からは北朝鮮までの国際列車が通っています。

すべての旅行客は対話内容、行動、行き先など、いちいち監視される。

ホテルでも盗聴されているようです。

基本的に危険だと認識しておく。

Trip Atlasが選定した世界で最も危険な旅行地7ケ所に北朝鮮が選出されています。
(他は、ジンバブエ、グルジア、ハイチ、ラオス、パプアニューギニア、コロンビア)
ただしガイド同伴なので強盗や暴漢などの危険性はほぼありません。

金日成、金正日についての政治的発言をすれば、処罰を受けることがある。

実際に2009年にアメリカの女性記者2人に12年の労働教化の判決が出ました。

いきなりの予定変更は当たり前!

ここを見たい!と思って申し込んでも予定を変更されることはザラにあるので過度な期待はしない方がよさそうです。
というか、渡航できるかどうかすらそのときの状況によって変わってくるので必ず行けるとはかぎりません。

◆超危険な飛行機に乗らないと行けない

確実に断言できますが、『北朝鮮ツアーで最も危険なこと』、それは飛行機です。
無事に平壌に辿り着けたら、北朝鮮ツアーは無事に終わったようなもんです。

出典ゆずランド

空路で行く場合は避けられません。

◆高麗航空は世界最悪の航空会社!

高麗航空は朝鮮民主主義人民共和国の国営航空会社である。
同国のフラッグ・キャリアかつ唯一の航空会社である。

出典高麗航空-Wikipedia

唯一の航空会社。つまり、高麗航空を利用する以外の選択肢はありません。
この高麗航空、どれくらい危険かというと・・・

保有する旅客機は全般的に老朽化しており、機齢40年近いものもある。

出典高麗航空-Wikipedia

フランスとドイツにおける抜き打ち検査において、高麗航空の一部に重大な安全性の欠如の証拠が得られた。

出典高麗航空-Wikipedia

その後の抜き打ち検査においても、安全性の問題が解決されていなかった。

出典高麗航空-Wikipedia

現在では問題を改善する気がないと見なされて、EUには乗り入れ禁止になっています。

◆問題は安全性だけではない

イギリスの世界的な航空調査会社・スカイトラックスは北朝鮮の高麗航空について、「顧客が満足できる水準の航空会社ではない」と酷評。

高麗航空は2009年にスカイトラックスから世界にある620社もの航空会社の中で唯一、最低ランクの一つ星の評価を受けました。

【利用者の声】
・「機内で提供されたエンターテインメントと飲食サービスが最悪だった」
・「まずい料理が提供された」
・「航空機の天井から水が落ちてきた」
・「棚にカバーがなく、荷物が落ちる危険がある」
・「でもロシアのウラジオストック航空に比べると意外とCAが美人」

できれば陸路がいいですね・・・!
北朝鮮旅行で知っておきたい注意点を挙げたところで、次に観光スポットを見ていきましょう。

◆北朝鮮の観光スポット

アリラン祭

2012年は8月1日〜9月10日(※日曜日は除く)に開催されます。
毎年大体これくらいの日程のようです。
開催中に延長されて10月までなんてこともよくあるとのこと。
9月ごろにはあの有名なマスゲームは終了してしまっているので行くならお盆の時期なんかがいいかもしれません。
入場料は約¥10,000です。

祖国解放戦争勝利記念館

この記念館の中では、なぜか朝鮮戦争は北朝鮮の勝利に終わっています。
本物の戦車や航空機を見ることができます。
プロパガンダビデオも観られます。

金日成広場

平壌の中央広場。
ここは北朝鮮の祝典、集会、政治の文化の活動、軍事パレードなどを行う場所として使われていて、日本のテレビなどでもよく映ります。
北朝鮮の主体(チュチェ)思想を体現した「主体思想塔」や、パレードがよく行われる「人民大学習堂」も近くにあります。

万景台学生少年宮殿

北朝鮮のエリート教育機関。
いくつかの教室を回って授業風景を見られます。
生徒たちのコンサートも鑑賞できます(これは本当にうまくて感動するらしい)。
観光客に案内役として女子生徒が同行。
写真やビデオの撮影は基本的に自由とのこと。

1 2 3