出典 houin.tumblr.com

バーネット・ニューマン『アンナの光』

制作年: 1968年
価格: 約103億円?
購入日: 2013年10月4日
購入者: 海外企業

アメリカ抽象絵画の巨匠バーネット・ニューマンの晩年の大作です。
中央の赤の領域を幅の異なる左右の白が挟んだもので、彼の作品中最も大きなサイズの作品です(276cm×611cm)。鑑賞者が離れすぎずに適度な距離で鑑賞できるように設計されたDIC川村記念美術館のニューマン・ルームに展示されていました。
題名は1965年に没した彼の母の名に由来しています。
DIC川村記念美術館での展示は終了しましたが、購入者が今後どこかで一般公開するそうです。

この情報が含まれているまとめはこちら

世界で最も高額な絵画のランキング

高額な絵画・名画のランキングです。現在の為替(2018年5月現在$1=約¥110)や購入時の物価 (http://www.bls.gov/cpi/cpifiles/cpiai.txt) などを調整し、順位や価格を算出しています。画像はなるべく大きめのものを選んだので壁紙にもどうぞ。

このまとめを見る