1. まとめトップ

タロットカード(大アルカナ)の解説と意味

1JJ版(マルセイユ版)です。小アルカナは数が膨大なのと、ほとんど使うことがないため割愛してます。タロットカードの画像は、管理人が所持しているものをスキャンしてアップしました。引用可ですが、二次加工・および再配布はご遠慮くださいませ。後日追加⇒下にある画像がライダー版です。

更新日: 2018年09月01日

223 お気に入り 314207 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

著作権切れのアンティーク画像と古写真を収集しています。http://kosyasin.blogspot.jp/(古写真紹介ブログ)  http://publicdomain-sozai.blogspot.jp/(アンティーク画像紹介ブログ)

cobaltblueさん

タロットカード一覧

【解説】トランプでいうジョーカー。番号がない場合も。中世社会(貴族・農民・兵士・商人・聖職者等)のどこにも属していない旅芸人や放浪者をあらわしている。

【正位置】直観力・まちがいに気がつく・可能性・目的のある旅・転職・出発・変化・期待・柔軟さ
【逆位置】考えの無さ・愚行・つまらなさ・不安定・乱れた私生活・無収入・失業・きまぐれ・無目的・軽率・幻滅

【解説】奇術師や手品師をあらわしている。中世では宿屋の主人がさいころ賭博も営んでいたことから、イカサマ師やペテン師も意味しているという説がある。

【正位置】独創力・空想力・発明・工夫・技術的・ベテラン・工芸・演劇・趣味・変化・始まり・出会い
【逆位置】ずるい・ペテン師・口先だけでごまかす・未熟・学力や経験不足・頼りなさ・延期・ミス・優柔不断・無気力

1JJスイス版では女神ジュノンが描かれています。

【解説】実在しない職業。伝説の女教皇ジャンヌを意味しているという説もある。2本の柱はソロモンの神殿をあらわしている。

【正位置】教養・知識・学問・専門教育・乙女・夢見る心・ロマンチスト・知性・聡明・安らぎ・清純
【逆位置】疑心暗鬼・優柔不断・現実逃避・不安定・自棄・あさはか・勉強嫌い・貞操の無さ・非常識

【解説】聖母・太母・天地の女王・グレートマザーをあらわしている。

【正位置】幸福・安定・充実・順調・繁栄・豊穣・収穫・芸術・美・自然・愛情・結婚・妊娠出産・母性愛
【逆位置】不実・迷い・停止・奢り・贅沢・嫉妬・不妊中絶流産・愛の無い結婚・婚約破棄・過保護

【解説】女帝の対のカード。鷲は力強い男性を象徴している。神聖ローマ帝国の皇帝を意味しているのではないかといわれている。

【正位置】指導力・決断力・統率力・権力・手腕・遺産・力・支配・男性的・財産・行動力・目的成就・経済力・政治家・経営者・父性・目上の男性
【逆位置】無気力・弱さ・独裁的・不信感・頑固・消極的・ストレス・過労・無謀・信用を無くす・婿養子・家を継がない

1JJスイス版では神ジュピターが描かれています。

【解説】カトリックにおいて頭の三重冠は、天上界、地上界、地下世界の三つの領域を象徴しているといわれている。

【正位置】慈悲・善良・寛容・思いやり・援助・信仰・発展・冠婚葬祭・供養・博愛・共感・ゆとり・包容力
【逆位置】誤解・不安・反感・悲観・狭い心・懲罰的・独善的・無関心・自己完結・落ち着きのなさ

【解説】元来は愛のカード。目隠しをした天使(キューピッド)が描かれている。ライダー版(左図)では大天使ラファエル。

【正位置】恋愛・結婚・友情・良い選択・決断・出会い・性的魅力・性愛・娯楽・誘惑
【逆位置】失恋・破談・失敗・悪い選択・優柔不断・成り行き任せ・あいまい・気まぐれ・別れ・消極的

【解説】古代ローマの戦車に乗った勝利の征服者。2頭の馬は人間の善と悪で、民衆のコントロールを意味している。

【正位置】勝利・成功・克服・コントロール・征服・困難の打開・野望・善戦・解決・積極的
【逆位置】敗北・挫折・けんか・トラブル・大きな障害・報われない勝利・失敗・暴走・事故・疲労・スキャンダル

【解説】旧約聖書のヘラクレスとライオンの物語がモチーフになったものが、やがて女性像へと変化したといわれている。

【正位置】勇気・ファイト・情熱・積極性・エネルギー・スポーツ・元気・信念・根気・独立・努力
【逆位置】弱い・無気力・暴力・過信・体力低下・自信喪失・押し切られる・現実逃避・無謀・妥協

【解説】もともと時を象徴する「老人」と呼ばれ砂時計を持っていたという。時代がくだるにつれ、真理を追求し、導く光のランプへと変化していった。

【正位置】思慮・分別・アドバイス・知恵・慎重・導き・学業・真理の追求・内省・孤独・疑問・解決・核心
【逆位置】無分別・軽率・不道徳・無学・現実逃避・愚痴・秘密・引きこもる・嫌気・混沌・虚実

【解説】古代、不条理な運命はまるでぐるぐる回る車輪のイメージと、異教の女神フォルトゥーナからきている。栄光もやがて下降して転落し、その逆もあるという意味。

【正位置】幸運・前進・発展・良い未来・チャンス・運命・宿命・過去の出来事・変化・好転・きっかけ
【逆位置】不運・不幸・失敗・惰性・宿命から逃れられない・悪化・すれちがい・後退・転落・沈滞

【解説】ギリシャ神話に登場する女神テミスがモデルだといわれている。剣と天秤は中世から、正義のモチーフとして一般的に知られていた。

【正位置】均衡・正義・誠実・正しい判断と結論・公正・中間・地位・名誉・安定・裁判
【逆位置】不正・悪徳・不公平・無法・偏る・独断・バランスを崩す・別れ・片想い・敗訴・決裂

【解説】謎の多いカード。殉教者、修行者、覚醒した者、神秘、古くは両手に革袋を持った図の裏切り者など、さまざまな説がある。占者によって解釈もさまざま……。

【正位置】処罰・苦痛・困難・身動きがとれない・犠牲・忍耐・献身・慈愛・救済・努力・自己犠牲・良い結果
【逆位置】犠牲・努力を怠る・わがまま・不履行・無意味・失敗・疲労・困難・新たな道・見通しが立たない

【解説】15世紀における主題は「人生の短さ、明日の不確かさ、権力と栄光の虚しさ、死を前にした人間の平等と死が襲いかかる唐突さ」であった。

【正位置】死、損失、ミス、危機、災難、破局、終局、絶交、絶縁、離婚、不毛、病気、結末、急変、変化、新たな始まり
【逆位置】回避、軽い病、一時的な損失、自分の責任ではないミス、希望がもどる、再生、回復、転換、復活、復縁、やり直し、再出発

【解説】元々、水で葡萄酒を薄めている意味があり、やがて大天使ミカエルが描かれるようになった。

【正位置】節制、調整、忍耐、自重、調和、素直、反省、密かな思い、力を蓄える、倹約、堅実、適応、安定
【逆位置】短気、強情、欲望、不毛、対立、不一致、やりとげられない、不安定、感情的、過信、信用を失う、混沌

1 2