1. まとめトップ

『妻に「愛してる」と言ってみる。』のスレを見てたら、結婚も悪くないと思ったんだ。

たまに、リア充爆発しろとも思うけれども。基本的には、幸せな気持ちになったのです。

更新日: 2012年05月16日

72 お気に入り 81454 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

info_sapriさん

俺「愛してるよ」
嫁「ん?なんって言った?」
俺「愛してるよ」
嫁「聞こえない」(目をつぶりながらちゅーの口してる)
キスしたあとに
俺「愛してるよ」
嫁「明日早いんだから早く寝なさい!」
俺「(´・ω・`)」

今日は、嫁とチビ×2(男、女)を連れて、市民プールに行ってきた。
嫁は一応水着っぽいのに着替えてはいたけど、水に入る気はないらしく、
俺はずっとチビたちと水掛け合いや鬼ごっこをして遊び、嫁はプールサイドでそれを眺めて笑っていた。

で、しばらく遊んだ後、俺のイタズラ心が芽生えたのよ。
嫁の隣に腰掛けて嫁に抱きついて(もちろん俺はビショビショ)、嫁を思いっきり抱き上げた。
「やめてよ~っ」って焦る嫁を無視し、プールの上で2,3回ブラーンブラーンして、嫁をプールの中に放り投げたw
投げる時に嫁が抵抗したもんだから、俺も一緒に絡み合ったまま、プールの中へボチャーン。

そして顔を出したところに、チビ達が水を掛けてきた。
その後は、俺一人が悪者にされて、4人で楽しく遊んだよ。

後、嫁に仕返しもされた。
チビ達と俺がワニさん歩きしてたら、後ろからいきなり乗られて、顔沈められたw
ワザと俺が苦しそうにゴホゴホしたら、「ごめんね」って謝ってきたので、
「うっそ~」って言ったら猫パンチされたw

こんな元気のイイ嫁が大好きだ。

この前、記念日だったんで嫁と温泉一泊旅行に行った時の話。
晩飯が旨くて、これでもかっ!てくらいに二人で食べて呑んだ。
かなり酔ってたんで、もげれそうになかったけど一緒に布団に入ったら、
嫁が満面の笑みでこっちを見てくるから、そのまま抱きしめて耳元で、
「愛してるよ」って言ってみたら、ビクッって体が反応した後、、
「わ、私の方が愛してるんだからねっ!」と、柄にもなくツンデレな嫁w
俺も「そうか」とだけ言った後で思いっっっっっきり抱きしめてやった。

10/31嫁の誕生日
仕事から帰ったのが11:00過ぎていたが嫁は起きてた。
子供は寝てリビングに2人だけだから1ホールはちょっと重いんで
小さめのケーキを2つとローソク1本買ってきた。
照れくさいが2人だけの誕生日パーティーをした
俺「誕生日おめでとう、俺はいつも嫁を愛している、これからもよろしく」
嫁「ありがとう、私もあなたを愛してる」

今夜はこれから3人目の子作り

時間が早い出勤なので、家庭内別居 嫁は娘と同じ部屋に寝ている
「娘子おやすみなさい、嫁子愛しているよ」
娘「ばっかじゃない?」嫁「うふふ」
娘20才、オレ・嫁40代後半

数年前からキャリアアップ+年収アップの為になりふり構わず仕事した。
結果、年収は上がったが単身赴任になっちまった。
口には出さないが嫁は寂しいんじゃないかな(スマン)
子供が去年、就学で上京したんで家に帰ると嫁と二人きり。
先日帰省した時に「回らない寿司でも食いに行こうか」
と言った後の上機嫌な嫁を見てたら、なんか盛り上がっちゃって、
俺「あのな」
嫁「うん」
俺「もう人生の半分はお前と一緒にいるよね」
嫁「うん」
俺「もうなにも言わなくても分かってくれると思ってるんだけど」
嫁「うん」
俺「言葉にするのもいいかな~と思ってな」
嫁「うん」
俺「あのな」
嫁「うん」
俺「いままでありがとう、愛してます」
嫁「うん」(涙目)
俺「これからも・・・」
何故か俺も涙目で言葉が続かん orz
嫁「ふぇ~ん」(涙腺崩壊)

その後は想像通りだw

結婚4年目ですが今日俺も言ってきました。
晩飯も食い終わって一息ついているところに
妻の大好きな曲「小さな恋のうた」をアカペラで熱唱したやったんです
妻「え?どうしたの?」とか言いながらニヤニヤしてるんです。
俺「いや、、、あの、、やっぱり大切な人ってすぐ傍にいるんだなって。愛してるよ。」
妻は泣きながら「いきなり泣かせないでよねーパシパシッ」と肩辺りを叩きつつさり気なく頬にK I S S
なんか明日からまた仕事頑張れる気がする

先程、メールにて一文字づつ送信しました。

俺送信「あ」
嫁返信「なに?」

俺送信「い」
嫁返信「だから、なに?」

俺送信「し」
嫁返信「もう! なによ?」

俺送信「て」
嫁返信「ふざけてる? それとも携帯壊れた?」

俺送信「る」
嫁返信なし。

俺送信「ぞ」
嫁返信またもなし。

  るーるーるるるー。
  るーるーるるるー。
  るーるるるーるーるるるー。
  こんなもんだよな。orz

名:ばかね(チュ

本文:最初なにがなんだかわからなかったじゃない(泣き顔
   今日は残業なんかしないで、まっすぐ私のところに
   帰ってくること! これは命令ですからねっ!(よくわからん絵文字

こんなもんだよな。いいやっほう!!!!!!!
じゃもう帰るなノシ

嫁は妊娠中。もうすぐ八か月。
西日の部屋で、ソファに座ってお腹を撫でてる嫁を見てたら、なんとなく言いたくなって
後ろから抱き締めて「愛してる」って言った。
ただ、俺の嫁、ろう者なのね。なんも聞こえないの。わかんないの。

わかんないはずなの。
でも、嫁、振り返って

手話で
《わたしも》
って言ってくれた。

俺、明日もがんばれるわ。

言ったよ。

俺「ただいま。こっち来て。」
嫁「おかえり。何?」
俺「これ…受け取ってくれ。(花渡す)」
嫁「え!?どうしたのいきなり?」
俺「日頃の感謝といつも迷惑かけてるお詫びに…」
嫁「あ、ありがとう…」
俺「愛してます…(ほっぺたにキス)」
嫁「えへ…機嫌が治っちゃったよ…嬉しい…」

てな感じでした。
このあとこーゆう気持ちが嬉しいんだと
嫁に説教されたが前の嫁とは違うニコニコちゃんが居たよ。

皆さんありがとうm(__)m

嫁が息子(1ヵ月)を寝かし付けてる時に
久しぶりに言ってみた。

俺「なぁ。」
嫁「う~んなぁに」
俺「愛してるよ」
嫁「(息子に語り掛けながら)パパがびっくりする事言ったよ。
  どうしたんでちゅね」
俺「別に何もないよ」
嫁「ふ~ん」

その後息子を寝かした後、嫁がキスしてきたよ。

今回は殴られると危ないので昨日
嫁がコタツの中で丸くなってる時に言ってきました

俺「あ~そう言えば、もうすぐバレンタインだな」
嫁「そうね~」(←気のささそうな返事)

内心焦りながら

俺「ちゃんと俺にはチョコくれるよな?」
嫁「う~ん、まだ買ってないし、いらないでしょ?
  会社で貰ってくるだろうし」
俺「そ、そんなことない、欲しい。
  嫁さんから貰うチョコは特別です!」
嫁「ん~、どうしようかな~」

ココで少し、体勢を正して嫁の目をまっすぐに見つめて

俺「愛してる」
嫁「あ~はいはい」(←チョコくれってかという感じで冷たい目)
俺「世界で一番、愛してる、一生手ばなさない」

目線を外さないでいると、
段々と赤面してきたのでこちらも照れ隠しに

俺「だからチョコをくれ」

嫁にコタツの中で蹴られました
痛かったですけど、明日チョコは貰えそうです

流れぶった切って結果報告。
ちなみにあのスレはageてません。嫁が身重なんで・・・

俺「誕生日おめでとう。これ、プレゼント」
嫁「え・・・今日って私の誕生日だったんだ」←素で忘れてたらしい
俺「お前なぁ」
嫁「ありがとう・・・嬉しい」←にっこり笑顔

身重の嫁を後ろからそっと抱きしめて

俺「愛してる○○○(嫁の名前)、今までもこれからもずっと」
嫁「え・・・」
俺「愛してるよ・・・」頬にちゅっ♪

ここで嫁の涙腺決壊。

嫁「私も・・・私も●●さんのこと愛してる!」←涙ながらの笑顔で抱きついてくる
俺「俺も○○○を愛してる」←ちょっとテレながら

以下、エンドレス

こういう何かの記念日に言うのも乙ですな。。。

嫁は働きながらもしっかりと家の事もやってくれている女性だったから、
俺は嫁の欲しいものなら何でも買ってやろうと思っていたのに・・・。

後日、そんな俺一方的な思いを嫁にぶつけてしまったことを妹に話すと、

妹「お兄ちゃん、それ最低だわ。
  奥さんに限らず人ってそういう言い方されると嫌なもんよ」

妹に懇々と説教されて、俺は初めてそこで
自分の犯した過ちに気付く・・・。

俺「がーん!じゃあ、どうすればいいんだよ?」
妹「自分で考えなさいよ。愛する奥さんでしょうが!」
俺「・・・。すまねーな。俺ちょっとやってみるよ」

妹の忠告を受けて俺のとった行動は、嫁の誕生日に俺は、
嫁の誕生石の指輪と1枚のラブレターを書きました。

内容は恥ずかしいので割愛するが
かなり恥ずかしい事を書きました。

あの日以来、あまり口を聞くこともなくて
ちょっと気まずい雰囲気だったので直接渡すのではなくて、
嫁のいる時間を見計らって宅急便の時間帯お届けサービスを
使って送りました。

結婚して2年。俺が嫁の28歳の誕生日に
「愛してる」を言ってみたときのことを今話そう。

結婚して2年が経ったある月明りの綺麗な夜でした。

俺「おっ、来週お前の誕生日だな。何かほしいものあるか?」
嫁「えー。ふつうさぁ、こっそりと買ってくれて驚かそうとか思わない?」

俺はちょっと怒り気味に、

俺「何だよ、せっかく聞いてやったのに!」
嫁「せっかくって何?もういい!誕生日もしなくていいし
  プレゼントなんていらない!○○さんデリカシーなさすぎだよ」
俺「なんだそりゃ?小さい子じゃないんだからそんなぐらいで怒るな」
嫁「知らない!!もういい!」

嫁は半泣き状態でした。

1 2 3