1. まとめトップ

【1日だけじゃ足りない!】ナガシマリゾートの魅力まとめ(プール・遊園地・温泉・イルミ)

【ジャンボ海水プール・なばなの里・長スパ・温泉・アウトレット】いっっっぱいいっぱい遊べます∩(・∀・)∩ナガシマリゾートは何度か行ってますが、何回行っても飽きないのが魅力。魅力を言葉に表しきれないので行ってみてください(*^ー゚)bこれからの暑い季節は海水プールが一押しです。

更新日: 2013年10月23日

7 お気に入り 19215 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

junkichi-さん

【ナガシマリゾート】

▼ジャンボ海水プール

6/30~9/23の間営業
※変更有なので、出かける前には事前に確認を取っておくと良いと思います。

世界最大級の海水プール!

総面積70,000m2 のなかにプールとスライダーが揃う世界最大級の海水プールです。海水は伊勢湾から引き込み浄化、殺菌して使用し衛生的で安全な海水浴が楽しめます。

☆おすすめプール・スライダー

広さ500平方メートル、水深50cmのポリネシアムードいっぱいのプレイゾーン。すべり台や水車、水鉄砲などで遊ぶのも、1トンの水が大滝のように流れ落ちる高さ8mのタルの前で水しぶきを浴びるのも楽しい。好奇心旺盛な子供たちの心をくすぐるね。

身長制限無し

天然温泉の湯がプールに!まさに、長島温泉ならではの自慢のプールがこれ。泳いだ後、冷えた身体を温めるのに利用してみてはいかが。

スパイラルスライダーがさらにスケールアップ!複雑に絡み合ったバラエティーに富んだ6種類の12レーン。まずは170m級からチャレンジ、どれだけ制覇できるかな?

身長120cm以上

高さ25mから4人乗りのゴムボートにのってラフティング。まさに、メリル・ストリープ主演の映画「激流」さながらのスリル!250mの長い長い大冒険を無事に終えることができるのか?

身長120cm以上

☆キッズおすすめ

幅の広い水路を浮き輪に乗って滑降するもの。時には激しく時にはゆったりと、川下りしている気分が味わえる。

小学生以下の方
※泳げる方に限る。

広さ500平方メートル、水深50cmのポリネシアムードいっぱいのプレイゾーン。すべり台や水車、水鉄砲などで遊ぶのも、1トンの水が大滝のように流れ落ちる高さ8mのタルの前で水しぶきを浴びるのも楽しい。好奇心旺盛な子供たちの心をくすぐる。

ゴツゴツした岩や小石、耳を傾けると聞こえるせせらぎの音が、美しい小川をイメージさせ爽快な気分に。子供たちの遊び場として人気だが、ここにいれば大人だって無邪気な子供の頃にかえれそう。

小さな子供たちにとっては迫力満点のスライダー。同時に8人が滑れるから、友達同士でよーいドン!

身長制限無し
※幼児の方には、保護者の方とご一緒にお滑りいただけます。

おとぎ話に出てくるような海賊船や、滑り台のある夢いっぱいの子供の遊び場。泳げない子供たちもここなら思いっきりエンジョイできて、ママもパパも安心。

▼なばなの里

ベゴニアガーデンに季節の花のイベント、冬の名物イルミネーションと一年中楽しめる施設です。

≪冬のイルミネーション≫

季節によって千変万化する風景を、大自然を舞台に、最新LED技術と特殊イルミネーション効果で日本の美しい四季の移ろいを表現。
注目は樹齢100年を越すという「一本桜」〔エドヒガン(桜)〕をイメージ。桜が織り成す四季折々の姿と、その情景を演出します。桜咲き舞い散る春、眩いばかりの緑の夏、紅葉が映える秋、そして雪景色の冬など、四季のある日本ならではの情景を、「スケール感ある感動と驚きの イルミネーション」で展開する。

出典ganref.jp

なばなの里のウインターイルミネーションのシンボル「水上イルミネーション」
全国のイルミネーションの中で水上のイルミネーションは稀で、その中でも日本最大級のものです。そのスケールは幅5m、長さ120mの光の川。
大自然に抱かれたこの長島にある木曽三川(木曽・揖斐・長良川)川の流れを表現しています。

美しい音色に合わせ移り変わる鮮やかな川の色は、最先端のLED技術により640億色の演出がプログラミングで表現が可能です。
写真は水面上に設置されたイルミネーション。

『冬華の競演』を一躍有名にしたイルミネーション「光のトンネル」。
「なばなの里」ウインターイルミネーションの人気のスポットで2006年に初登場した光りのトンネル「アーチングイルミネーション花回廊」。
白熱電球がなんと120万球。暖かいイルミネーションの光が心をも包みます。
光りのトンネルは「暖かな光を放つ200m」(120万球)と、カラフルなLED(70万球)100mの合計300mの2種類の回廊があります。

最新LED電球70万球を使用して、幻想的に色変わりする光のトンネルをつくりました。題して『宝石箱』。
LED電球の一つ一つが明るさと色の組み合わせで七色(なないろ)も変化し、まるで一面に宝石を散りばめたような煌びやかな世界が広がります。


2006年 ブルーLED 70万球

2007年 クリスタルホワイト 70万球

2008年 カラフルLED 70万球

2009年 ホタルの幽玄な光『冬ほたる』 70万球

2010年 レインボーカラーの「虹」70万球

2011年 七色に変化するLED「宝石箱」70万球

一面ブルーLED。雲海のような幻想的な世界には、細い小道があります。

その小道をクリスタルホワイトのアーチが飾られていて、

そのアーチを通り抜けるとその2人は幸せになれる?!

という素敵なお話です。

カップルが2005年あたりから徐々に増え口コミで伝説化してきました。
雲海のアーチの先に見えるチャペルに向かって歩くといいらしいです。
クリスタルホワイトのアーチは2.4m、ちょうど2人並んで通り抜けれる

細いの小道は、並んで歩くにはちょうど良いのかもしれません。
幸せを祈るその心をひとつにしてくれるのが、雲海にある
クリスタルホワイトのアーチなんですね。

なばなの里には大きな天然木のツリーが2本あります。
それはチャペルの前にある「高さ18mの2本のツリー」です。
ブルーのLEDとクリスタルホワイトのLEDの幻想的に光輝くツインツリー。
もみの木ならでの雰囲気はやはり天然ならではでしょう。
クリスマスやイルミネーションを本物のツリーで迎えることができるのはなばなの里イルミネーションの醍醐味です。無機質なツリーイルミネーションが多い中で、なばなの里の天然木のツリーはやさしい気持ちにさせてくれます。
その輝きはシックな大人のイメージを漂わせ、訪れる人を虜にします。

≪ベゴニアガーデン≫

1 2 3 4