1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ARROWS Z ISW13F 口コミ・カバー・大容量バッテリー情報~auスマホ~

スマートフォンの頭脳でもあるコアCPUを4つ搭載しながら、省電力化も実現。圧巻のグラフィック性能や13.1Mカメラ、HD動画の視聴も快適に楽しめます。[au]ARROWS Z ISW13F(アローズ)の口コミ・カバー・大容量バッテリー・root化情報まとめです。

更新日: 2014年09月05日

25 お気に入り 148745 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dpartyさん

スマートフォンの頭脳でもあるコアCPUを4つ搭載しながら、省電力化も実現。圧巻のグラフィック性能や13.1Mカメラ、HD動画の視聴も快適に楽しめます。

2012年7月20日発売

未発売機種や発売から間もない機種については、仕様や主な機能の紹介および、各種掲示板やTwitterでの反応まとめがメインとなっています。機種の不具合情報・購入者の口コミ情報や、オススメのカバー等の情報は随時追記します。

スマートフォン新機種情報まとめはコチラ↓
http://matome.naver.jp/odai/2133436988459839801

■ARROWS Z ISW13F(アローズ)の主な新機能・新部品

高性能な4つのCPUに加え、バッテリーを長持ちさせる「省電力コア」を搭載。12コアのGPUと連携し、ハイクオリティなグラフィックもサクサク映し出します。

使用シーンに合わせて、文字サイズや音声、画面の色味や向きなどを自動で調整。またユーザーの指の動きを予測してなめらか操作を実現する、高感度タッチパネルも搭載しています。

安心のボタン付き指紋センサーを搭載。パスワードやパターン入力は必要なく、カンタンにロック解除が可能に。「プライバシーモード®」などもこのボタンから操作できます。

裏面照射型CMOSセンサーと画像処理エンジンで、静止画も動画も高精細な撮影が可能。デジタルカメラクラスの多彩な機能を搭載しています。

■ARROWS Z ISW13F(アローズ)のその他機能

・大容量1800mAhバッテリー。
・あらゆるコンテンツを迫力の大画面で楽しめる約4.6インチHD液晶。
・広辞苑や英和辞典など幅広いシーンで役立つ辞書機能。
・下り最大40Mbpsの「+WiMAX」や「Wi-Fiテザリング」対応。
・IPX5/IPX8等級の防水・IP5X等級の防塵、「ワンセグ」、「おサイフケータイ®」、「赤外線通信」なども対応。
・おサイフケータイ®
・直感的操作が可能な「NX!comfort UI」。
・富士通オリジナルメールアプリ「NX!メール」。
・車などで臨場感あふれるサウンドを楽しめる「FMトランスミッタ」搭載。

■au ARROWS Z ISW13F(アローズ)の主なスペック

・プラットフォーム:Android™4.0
・CPU:Tegra 3 AP33
・Wi-Fi規格:IEEE802.11a/b/g/n
・Bluetooth:ver.4.0
・グローバルパスポート:グローバルパスポート (CDMA/GSM/UMTS)
・Wi-Fiテザリング:●(最大8台)
・WIN HIGH SPEED:●
・WiMAX:●
・サイズ(幅):約67
・サイズ(高さ):135
・サイズ(厚さ):10.6mm
・重量:約145g

■ARROWS Z ISW13F(アローズ)購入者の口コミや不具合情報

唯一の欠点はやはりバッテリー持ちです。フリーズや固まるはたまにありますが、機能の多さを考えると、いたしかたないかな?と考えます。

結構クセのある端末だと思います。低評価やネガキャンが目立ちますがカスタマイズすれば快適です。いじりがいがある上級者向けのスマートフォンだと感じました。

前アローズと比較すると、致命的な不具合も無く、完成度高い端末かと思います。GPSはグロスマと比較すると見劣りしますが十分使用できる範囲です。発熱もエコモードにすれば、 45℃くらいで収まってくれます。

しいて言えば発熱かなぁ~ 11Fよりも熱く感じます。発熱でも暴走しないので、特に問題視してませんが・・・。

■ARROWS Z ISW13Fのroot化関連情報

ARROWS Z ISW13Fはroot化手順やツールが公開されている機種です。

弟がARROWS Z ISW13Fを買った。 こうしてガジェクラへの道は開かれたのだ。

■au ARROWS Z ISW13F対応の大容量バッテリー

1 2 3