1. まとめトップ
  2. 雑学

ありとあらゆる手段を使って方角を知る方法。

街中だろうが森のなかだろうが、方位を知ることができれば、ちょっとかっこいいし、いざというときに役に立ちます。

更新日: 2012年05月16日

197 お気に入り 104259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

info_sapriさん

▼樹木で知る

木の切り株を見て
木の年輪の幅がせまい方が「北」の方向。
木の枝振りを見て
木の周囲をぐるりまわり、枝振りが少ない方が「北」の方向。
葉の向きで
葉が大きく成長し、多くの葉が向いている方向が「南」の方向。
木や石の下に生えているコケで
木や石の下を見て、コケが多くついている方が「北」の方向。
(この方法は、あくまで大まかな方位を探す方法です)

▼星で知る

まずは特徴的なかたちをしているオリオン座を見つけると、そこからオリオン座の上のほうで明るく光る木星を見つけられます。

●まず北斗七星を見つけます。そこから北極星を見つけられます。その北極星の方向が北になるので、これを目安に方角が分かります。

▼アナログの腕時計を使って知る

腕時計で方角を知る方法です。

時計の12時が左側に来るように手に持ちます。
短針を太陽に向けます。
12時と短針がさしているちょうど間が南です。

↑ 図だとこのような感じ。
この方法が必要な場面に出くわしたくはないですが、いざというときに知っておくと便利ですね。

▼一戸建てのベランダの向きで「南」を知る

衛星放送のアンテナによる見分け方とも関連するが、一般家庭のベランダは洗濯物や布団を干す際に日が当たりやすいよう、南向きに設けられている確率が高い。特に建物の向きに関する制限が少ない一戸建てについては、この傾向は高そうだ。ベランダの洗濯物をじろじろ眺めていて不審者と間違われないようにしつつ、参考にするとよいかもしれない。

▼衛星放送のアンテナで「南西」(南南西)を知る

衛星放送のアンテナは、南よりの方角に向けて設置されている。例えばBSと110度CS含では南西、CSでは南南西を向いているのだ。これらのアンテナの方向を見れば、おおよその方角4 件を知ることができるだろう。

 この方法4 件の優れた点は、太陽が出ている時間帯でなくても構わないことだ。夜遅くに道に迷った場合は、試してみる価値はあるだろう。

衛星放送のアンテナは南西を向いている。別のアンテナと間違えないだけの“知識”が必要かもしれないところが難点だ

▼影で知る

太陽は東から昇って西に沈む。従って、午前中であれば影の向いている方向が西(西北西)、午後であれば東(東北東)ということになる。電柱やビルなど、なるべく高さのあるオブジェクトを用いて確認するとよい。

 この方法の欠点は、日没後は使えないこと。また時刻によって判定方法4 件が変動するため、おおよその時間を把握しておかないと使えないことだ。

直立しているオブジェクト、例えば電柱やポールなどの影を見れば方角が判定しやすい

1