1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nekokamisamaさん

今月12日、シンガポール中心部ブギスの交差点で、中国人実業家(31)が
運転するスポーツカーがタクシーに突っ込み、実業家とタクシー運転手(52)、
乗客で現地在住の日本人女性イトウ・シゲミさん(41)の3人が死亡した。
今回の事故をきっかけに、シンガポール国民の間に「反中感情」を巻き起こっている。

事故を起こした男は、中国・四川省からシンガポールに来て、事業に成功した実業家で、
1億円以上するフェラーリを乗り回していた。
事故当時、男は信号無視で交差点に進入し、猛スピードでタクシーに突っ込んだ。
男の無謀運転が招いた今回の惨事は、急増する中国人移民のモラルの低さを
象徴する出来事として受け止められ、シンガポール国民の不満に火を付ける結果となった。

在シンガポール中国大使館は、現地在住の中国人に対し、「命を尊重し
、自身と他人の安全を重視し、法律を順守してもらいたい」と異例の呼び掛けを行った。

一方、今回の事故をきっかけに、不満の矛先はシンガポール政府の移民政策にも向き始めている。

事故の詳細

伝えられるところによると、ブギスで3台の車両による
凄惨な衝突事故に遭った日本人女性は、死の数分前に盗難されていたようだ。

The Straits Times(以下ST)によれば、シゲミ・イトウは土曜日の早朝に
ロチョール・ロードとビクトリア・ストリートの交差点でフェラーリに衝突された
タクシーの乗客だったが、彼女が乗車していたと思われるタクシーの周りに
散乱した紙幣・硬貨を拾い盗む男を見たと一人の目撃者が話しているという。

ラッフルズ・デザイン・インスティテュートの学生だったイトウは、事故直後の
盗難の際にはまだ生きていたようだ。
リムとしか名を知られたくないその57歳の目撃者は、男が奪っていった現金は
300シンガポールドル [ 約2万円 ] ぐらいだったとも言っている。
リムは、もの凄い爆発音が聞こえたので事故現場に駆け寄ると、イトウが
痛みに泣き叫んでいる横で男が現金を盗んでいるのを見たとのこと。

まだ20代のイトウは、搬送されたシンガポール総合病院で亡くなった。

この猛スピードの衝突事故は、彼女の他に二人の命も奪っている。
フェラーリ・リミテッド・エディションの運転者であるマ・チ [ Ma Chi ] は
即死し月曜日に火葬された。
その間、タクシードライバーであるチェン・テックホック(52歳)は
怪我に耐え切れず日曜日に集中治療室の中で死亡している。

もう二人の人物、バイクを運転していた26歳のムハマド・ナギーブと
フェラーリに同乗していた20歳の女性もこの事故で負傷した。

ムハマド・ナギーブは現在、タン・トク・セン病院で脊椎の損傷、右肩の脱臼、
肋骨の骨折の治療を受けている。

事故の瞬間を捉えたドラレコ映像

信号が青になり緩やかにスタートしたタクシーに画面左側から
凄いスピードで走ってきたフェラーリ599GTOが衝突してしまいます。

このタクシーには20代の日本人女性が乗っておりフェラーリを運転していた中国人、
タクシーの運転手と乗客の日本人女性の3人が死亡したとの事です。

状況を説明した現地ニュース

関連リンク

1