見出しをつける(頭に■や●をつける等)
内容ごとに区分けする(ラインで境界をつくる等)
内容は整理・分類する(説明なのか、具体例なのかをはっきりさせる等)
枠で囲う(ワンポイントアドバイスなど)
言葉ではなく図解する
といった、参考書の手法を真似してみましょう。

いちばんお気に入りの参考書の形式をそのまま自分のノートに採用するのもとってもおすすめ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

必ず成績UPに繋がる!自己満足にならない、賢いノートの書き方

効率よく賢いノートをつくるにはどうしたらいいの?『自己満足のまとめノート』を作るのではなく、成績UPに直結するノートの書き方について取り上げます。私が学生時代、実際にやっていた方法だけをご紹介しています。

このまとめを見る