1. まとめトップ

「ソソるキャッチコピー」のレシピ

顧客の心をグッと掴むキャッチコピーの作り方をまとめてみました。

更新日: 2012年05月17日

124 お気に入り 20222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uddenさん

準備するもの

▼ 下のような言葉を準備します。

自分のことを言ってると思わせる

見込み顧客の気持ちで語る

知られてない事実を伝える

比較対象を引用して説得する

損していると気付かせる

役立つ知識を教える

なぜ必要なのか、理由を語る

作り方

準備したものを混ぜて書きます。

書け
もっと書け
もっともっと書け
さらに、もっと書け
書きたくない時も書け
書きたい時も書け
何か言いたい時は書け
何も言いたくなくても書け
毎日書け
書き続けろ

コツは「ひたすら書くこと」です。

仕上げ

最後に顧客の痛みを和らげる言葉をトッピングします。

→「顧客の痛み」とは?

恐怖
人は希望では動かないが、恐怖を感じると必ず動く。

退屈
退屈な現状を変えて、刺激のある毎日を暮らしたいと思っている。

無能
無能で誰の役にも立たない人間になることに激しい苦痛を感じる。

孤独
人は一人になることを恐れる。

失敗
多くの人が、自分が思い描いていた人生と全く逆の人生を歩んでいる。

上手く作るコツ

「なんかいいよね」という言葉を禁句にする

「なぜいいのか。これこれこうだからじゃないか」「なぜカッコいいのか。こういう工夫をしたからじゃないのか」と普段から絶えず頭を働かせておくことが必要なようです。

参考サイト・参考書籍

1