1. まとめトップ

【東京タワーは5位!?】日本の建築物の高さランキング【解体済含む】

2012年5月22日に東京スカイツリーが開業します。スカイツリーが完成するまで、日本史上最も高い建造物は何でしょうか?東京タワー?実は違うんです。

更新日: 2012年05月18日

17 お気に入り 53735 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

卍郎さん

1位 東京スカイツリー 634.0m

2012年5月22日に開業。地上から350mの高さ第1展望台、450mの高さに第2展望台がある。
人工の建造物としてはブルジュ・ハリファの828mに次ぐ世界第2位となる。

2位 対馬オメガ局 454.83m

塔の正式名称は対馬オメガ局送信用鉄塔で、通称「オメガ電波鉄塔」「オメガタワー」「オメガ塔」とも呼ばれた。

1975年(昭和50年)に完成

東洋一高い塔となる。

2000年(平成12年)3月末に解体完了

解体が行われるまでは地上454.83mの日本一高い建造物であった。また、2010年(平成22年)9月13日に東京スカイツリーが地上461mになるまでは、日本史上最も高い建造物であった。現在は日本史上2番目に高い建造物である。

自立塔ではなく、塔本体を多数のワイヤーで支える形式の塔

東京タワー、東京スカイツリーは自立鉄塔である

3位 南鳥島ロランC局 411.48m

写真は高さ213.4mのもの

東京都小笠原村の南鳥島にあったLORANの施設

LORANとは船舶・航空機が洋上などで電波を用いて位置を知るための手法

高さ411.48mの初代マストは、1963年(昭和38年)に建設

南鳥島の日本返還前のアメリカ合衆国のアメリカ沿岸警備隊が建設

高さ213.4mとなった2代目は1985年に建設、2000年に発破解体工事を実施して3代目に建て替えられる

3代目も2010年に解体

3位(同高) 硫黄島ロランC主局 411.48m

一般民間人の上陸は禁止されている。

小笠原諸島火山列島の硫黄島にあったロランC送信施設

1964年竣工、1993年解体

アメリカ沿岸警備隊が設置し運用していた

5位 東京タワー 332.6m

長らく高さが日本一であったというイメージが強いが、実際に日本一高かったのは1968年(昭和43年)6月26日に小笠原諸島が日本に返還され南鳥島ロランタワーと硫黄島ロランタワーに抜かれるまでの約9年半と、対馬(長崎県)のオメガタワーが解体されてから東京スカイツリーに抜かれるまでの約11年間である。ただし、自立式鉄塔としては東京スカイツリーに抜かれるまでは長らく日本一であった。現在は日本で2番目に高い建造物である。

関連リンク

1