1. まとめトップ

実はお嬢様だった椿鬼奴が女芸人になった理由

椿 鬼奴(つばき おにやっこ)は、日本のタレント、お笑い芸人。東京都渋谷区猿楽町出身。桐蔭学園中学校・高等学校、清泉女子大学文学部国文学科卒業。|宮崎雅代、グランジ佐藤大と結婚

更新日: 2018年05月23日

14 お気に入り 641774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

「人生80年だとしたら、半分やってきたんだなと。もともと自分のことばかり考えて生きてきたので、これからは人のことも考えて生きていきたいと思いました」

裕福な家庭に生まれる

東京都渋谷区に生まれ代官山で育つ。

代官山の大部分は閑静な住宅街であり、
マンション、オフィスビル、飲食店、ブティックなども目立つ。

父親は鉄鋼会社のサラリーマンで裕福な家庭に生まれる。

英会話やピアノを習っており、講師に直接家に来て貰う「個人レッスン」をしてもらっていた。

桐蔭学園中学校・高等学校に入学。
弓道部に所属し、神奈川県大会で優勝した経験がある。国体・インターハイなどに出場、各種大会で優秀な成績を収めている

清泉女子大学に進学。
学生時代アメリカにホームステイした経験がある。

すごいメークの女ピン芸人の椿鬼奴さんは、大学に通っていたイメージはあんまりないように思われていると思いますが、実は、カトリックのお嬢様ミッションスクールのご出身だそうです。

お父さんは奴さんが小学生の頃から働いていないとのことだが株で大儲けしたためお嬢様生活を送っていたと

バブルが崩壊、会社が倒産

バブル崩壊後に父親が株で大損、
借金返済のため自宅マンションを売却し両親は離婚。

母親と弟と共に家を出て3人で生活を始める。

アルバイトをしながら大学を卒業。

「大学を卒業して、就職もしないでバイトしてたんですけど、友達のお父さんの会社で働くことになって、事務をやってたんです」

「OLです、普通にお酒飲みに行ったり、フィットネスクラブ行ってみたり。でも暇すぎて。そんな時、友達が『ケイコとマナブ』を見て、お笑いの学校があるよって見つけてくれて、行ってみようと」

「それで、週3回、NSC東京(吉本総合芸能学院東京校)の夜クラスのほうに行ってたら、会社のほうがつぶれちゃって。NSCのほうしかなくなったので」

(インタビュアー)
「ええっ!『ケイコとマナブ』だけで、いまの鬼奴さんが存在するなんて、意外です...。」

2007年頃まで郊外の団地に住み、その後は母と川崎市の木造アパートに住んでいたが、2010年に念願のマンションに引越しした。

リンク

1 2