ナウルという国は、サンゴ礁の上に何百万年もの間にわたって海鳥のフンが堆積してできた島でした。
その海鳥のフンは長い年月の間にやがて良質なリン鉱石へと変質しました。
そのリン鉱石を採掘し、海外へ輸出することによって、ナウルは莫大な富を得ることになったのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【国民総ニート】失業率90%のヤバすぎる楽園、ナウル共和国

働くことの大切さを、身をもって僕たちに教えてくれている国です。

このまとめを見る