1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

【パリ=白石透冴】フランス政府は2020年までに、たばこ1箱を今より約4割高い約10ユーロ(約1300円)に段階的に値上げする。税収増や若年層の喫煙率抑制が狙い。ほかの欧米諸国などでも値上げや包装の規制の導入が相次ぐが、闇市場での売買などの問題も生んでいる。

 フランスはノルウェーなどに続き、欧州で最もたばこが高い国の一つになる。06年に5ユーロだった1箱を現在の7ユーロまで段階的に値上げした経緯があり、今回の方針を受け販売店は反発している。周辺国ではドイツとイタリアが約5ユーロ、スペインが4ユーロ強などとなっている。

世界保健機関(WHO)によると、フランスの喫煙率は15年時点で男性29.8%(日本33.7%)、女性25.6%(同10.6%)。仏政府は今年1月には箱の包装に一切の広告を認めず、代わりに喫煙で亡くなった人など、刺激の強い写真の印刷を義務付ける規制も始めている。

 先進国で同様の動きは相次いでおり、米ニューヨークでもデブラシオ市長が今春、1箱の価格を現在より2割上げて13ドル(約1400円)にする考えを明らかにしている。オーストラリアは20年までに現在より5~7割高い40豪ドル(約3550円)まで上げる大胆な値上げを目指していると報じられた。

 ただフランスでは値上げをしても喫煙率は目立って下がっていないとの議論がある。安い周辺国から買ったたばこの取引も横行している。健康への害を伝える啓発運動や違法行為の取り締まりも欠かせない。

東大や阪大などのグループが国際医学誌『プロスメディシン』に「07年に喫煙が原因で亡くなった大人の日本人は約12.9万人いた」とする論文を発表した。07年の死者数は、子供も含めて約110.8万人なので、かなり多いと感じられるのではないだろうか。

45~59歳の男性の場合、虚血性心疾患(心筋梗塞と狭心症)については、喫煙の人口寄与危険度は49%とされている。つまり、虚血性心疾患で亡くなった人のうち49%を「喫煙が原因の虚血性心疾患で亡くなった人」としてカウントしているのだ。

ところが、この論文によると、45~59歳の男性の虚血性心疾患には喫煙以外にも寄与している要因があり、高血糖19%、高LDLコレステロール33%、高血圧24%……とあって、すべて合計すると、なんと225%になってしまう。100%を大きく上回っているのだ。

ということは、「喫煙が原因の虚血性心疾患で亡くなった人」の数も、他の要因による虚血性心疾患で亡くなった人の数も、実際よりも多くカウントされている可能性がある。虚血性心疾患以外の疾病についても同様のことが言える。

これは、論文をよく読めば書かれているとおり、「個別の要因分析において要因間の相関関係を考慮していない」という問題があるからだ。

1