1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

河本準一とは何者なのか―貧困・DV・母への思い

生活保護不正受給騒動で何かと話題のお笑い芸人の河本準一さん(次長課長)。彼がどうして今のようになったのか。その背景を知る手がかりになるかもしれない幼少時のDV・貧乏・母親への思いについてまとめました。

更新日: 2012年09月15日

15 お気に入り 129316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamadayamaさん

義父からDVを

少年時代に目にしたものは家族の崩壊だった。会社を経営していた父は友人の妻と不倫、離婚した。無言の父に怒鳴り、涙する母。

母が迎えた新しい父は、熟練のとび職人で、酒乱。1歳下の義弟との生活が始まった。

「いいお父さんだったけど 夕方仕事から帰ってきて晩酌を始めると人が変わる。とんでもなく変わる。別人になる。『言葉遣いから何から 二重人格』」
http://ameblo.jp/alice2929/entry-10045252844.html

「家に帰ると怖いから。ホントに帰りたくなかったね」
http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/20090809

DVが原因で暗所恐怖症と閉所恐怖症に

弟がおねしょをしたのを 隠すんだがばれてしまって 父が酔っ払った時に思い出して、自分は関係ないが連帯責任ということで 弟と一緒に風呂場で足首を持たれて頭からお湯につけられた

「DVのせいで、実は今もボクは暗所恐怖症と閉所恐怖症ですから。」http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_05/g2007052120.html

「暗闇とかのは 大きなダンボールの中に入れられ 押入れに閉じ込めたり。それもガムテープで完全にグルグル・・・・自力で脱出するしかない」
http://ameblo.jp/alice2929/entry-10045252844.html

包丁を手に母を追い回すこともあった酒乱の養父に、義弟と共に湯船に沈められた時は「殺される…」とさえ思った。

義弟を置いて家を出たことが今でも心の傷に

昼逃げを敢行するって弟に言えない。弟も気づいているが 一言も言わないで荷造りとか手伝ってくれる。

車に荷物入れて車に乗り込んだとき バックミラーに弟がみえた。振り返って何か一言おうと思ったのだが オカンが「みるな!」 という。バックミラー越しにみる弟が小さくなって、道路にへたり込むのが見えた。

親族の勧めで母と河本少年は家を出た。義弟はいくらかわいくても、連れて行けない。「この痛みはおれとオカン共通の一生消し去ることのできない鈍い痛みや」

母親が素晴らしかったから自分はちゃんと生きている

「俺が死なないように育ててくれただけで、十分に立派なカアチャンやと思うんです。子供の前で親の威厳を保とうとするようなことは一切なくて、ベロベロに酔った時は妹みたいに見えたりもする。一方で、朝の4時半に起きてスーパーの鮮魚売り場に働きに行く背中はオヤジみたいに見えて、すごくカッコ良かったですからね。」
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_05/g2007052120.html

全国の母子家庭に告ぐ、環境を恨むな

「恨まないこと」も「気配り」もオカンが教えてくれた

あの親があって、芸人になれた気がする。引き出しがいっぱいできたし、改めて貧乏で良かった

“連れ”のような気がする。僕の精神年齢が高いのか、オカンの精神年齢が低いのかわかりませんが、ガチッと合う。最高の“連れ”です

裕福な生活から貧困へ

当時の実家は電気機器の製造会社を営んでおり、バブル時代で食事のほとんどが外食という裕福な生活であったが、会社の倒産と両親の離婚により、母親の実家の岡山へ引っ越すことになった。

小遣いはなく、服も姉のお下がりを着ていたこともあったという

姉のスカートの真ん中を縫っただけのズボンを履いて登校したこともあるが、あまりの不便さに一日で諦めたこともある

上京時代:奥さんは銀座で、河本さんは風俗案内所で…

昼間から歌舞伎嬢の風俗案内所でバイトをしていた。時給1000円。ルミネの出番は10分しかないから、余った時間はずっとここで働いていた。

出典「鬼嫁合衆国」河本準一 147ページ

「当時は昼にルミネ(新宿にある吉本興業の劇場『ルミネtheよしもと』)に出て、終わったら風俗案内所、また夕方からルミネに出るって生活でした。」
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_05/g2007052328.html

嫁もまだ30前だったし、着物も似合うし、そこそこキレイだったから、銀座でもけっこうな人気だったみたい。えっ!と驚くような超大物有名人が指名してくれたりして(もちろんオレの嫁とは知らずに)、あっという間にオレの10倍以上、稼ぐようになった。

出典「鬼嫁合衆国」河本準一 147ページ

奥さんは銀座のクラブで働いているため月給40万だった
http://www.youtube.com/watch?v=Vz0-vejmPkM

「嫁は嫁で、銀座の、あの~クラブに働きに行ってて。帰ってきたら『今日みのさんと会ったよ』って、そんなんどうでもええねん。」
http://d.hatena.ne.jp/notei/20090320/1237514220

1 2