1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

雨男さん

ポーランドの大学生カロリーナ・ステチェンスカさん(20)

外国人女性として初めて日本の女流棋士を破る

将棋の第2期リコー杯女流王座戦1次予選が19日、東京・千駄ヶ谷で行われ、海外招待選手でポーランドの大学生、カロリーナ・ステチェンスカさん(20)が1回戦で高群佐知子女流三段(41)を破った。

>続く2回戦では女流王将2期の強豪、千葉涼子女流四段(32)に敗れた

将棋歴はわずか4年

ステチェンスカさんは4年ほど前、将棋が出てくる日本の漫画を読んで興味を持った

将棋をはじめるきっかけとなった日本の漫画とはなんと『NARUTO』!

ポーランド語で訳された日本の漫画「NARUTO」を読みそのなかの登場人物が 先生に将棋で勝つシーンがあり興味を持った。その後、インターネットを使い将棋について調べた。(2008年1月)

▼きっかけとなった『NARUTO』のキャラクター

奈良シカマル
趣味は昼寝と将棋(父には負けるが、上官である猿飛アスマには完勝している)

インターネット対局で将棋の勉強

詰め将棋や次の一手の本を読んで勉強している。
学校から帰った後、最低2局はインターネット将棋の81Dojoで将棋を指し、強い人 の将棋をみて勉強している。

わずか3年でこの成績

現在アマ四段、将来の目標はプロ棋士

関連リンク

関連:あなどれない『NARUTO』の影響力

国際的に放映されている忍者学校のアニメ NARUTO によって将棋を知った人は、人数はわからないが、確かに居る

登場するシカマルとアスマの趣味が将棋で、番組中に指しているシーンがあるからだ

1

関連まとめ