1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

コピーとデザインが秀逸!旅情を誘う、JRのポスター

素晴らしいポスターにときめきまくる。たくさんありすぎてまとめきれない!

更新日: 2012年06月20日

minami1987さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
461 お気に入り 129918 view
お気に入り追加

▼「そうだ 京都、行こう。」

「夏が来る前に、
考えたり感じたりすべきことは多いのです。」

「どういうわけだろう。
今年は一本の桜と
じっと向き合うハルにしたかった。

「浅緑、浅葱、萌葱、鶸萌黄(ひわもえぎ)、
『日本のみどり色』が見つかりました。」

「肩に花びらが落ちてきました。
どんな大画面テレビでもできない
お花見でした。」


う~ん、美しい!!

「私のばあい、争いの歴史より
京都の『花の歴史』から多くを学んでいます。」

出典ameblo.jp

「2009年の秋。今わたしたちは
日本の歴史の、どのあたりを歩いているのだろう。」

▼うましうるわし奈良

「奈良を祝う。

日本生誕の都へ。」

「飛鳥という時代があった。
飛鳥という謎が残った。」

「変わらぬものはない。
失くせぬものがある。」

「日本にしかなく、奈良にしかなく。」

▼伊勢志摩

「旅の楽しさも、商いの賑わいも、
お伊勢さんのおかげです。」


伊勢志摩のロゴがめっちゃカッコイイ!

「そのむかし、
お伊勢さんの役に立とう、
と始められた行事でした。」

▼行くぜ、東北。

「はじめてきたけど、大好きだ。」


旅のポスターにしては新しいデザインなので、
目を引きます。

「伊達は、かっこいい。」

「びっくりするほど、いい旅だ。」

「しあわせは、おかわり自由。」

「行かなきゃ、なにも、はじまらない。」

「人生、山あり、川あり。」

▼MADE IN DREAM. (JR東日本)

過去(左)から未来(右)へ。
蒸気機関車「C61-2」から東北新幹線E5系「はやぶさ」へ。
東京タワーから東京スカイツリーへ。


鉄道ファンだけでなく、
中高年男性からの反響が大きかったらしい。
コピーを読むと肯ける。

「かつてニッポンが変わる時、世界が変わった。
夢の超特急が走る時、時代が加速した。
メイド・イン・ジャパンには、夢を現実にする力がある。
その力は今も、失われてなんかいない。
失っているのは自信だけだと思う。

むしろニッポンは、少し大人の国になった。
環境とかカルチャーとか、できることも増えた。
立ち止まっていても、はじまらない。
もういちど、上を向いて歩こう。遠くへ向かって走り出そう。

まもなくニッポンは、新しい速さと快適さを手に入れる。
またひとつ私たちは、夢を現実にする。
—2011年3月5日、東北新幹線E5系「はやぶさ」デビュー。

私たちの夢が走り出す。 」

▼週末は山梨にいます。

「中央線で東京を出発するのは楽しい」

「果樹の国でもあるのだ」

▼青春18きっぷ

「ゆっくり行くから、見えてくるもの。」

1 2





minami1987さん



  • 話題の動画をまとめよう