1. まとめトップ

イケてる腕時計『GRAHAM』グラハム

ジョージグラハムといえば忘れてはならない偉大な功績が史上初の「クロノグラフ」の発明です。

更新日: 2013年06月06日

28 お気に入り 44428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

HOPEさん

かっこいいね、この腕時計『EDOX』エドックス↓
http://matome.naver.jp/odai/2133753523815982001

グラハムとは

ジョージ・グラハムは、時計製作史上最初のクロノグラフを発明しました。そしてもう一つの発明品、シリンダー脱進機はそれまでのものに比べ、きわめて薄型であり、その後の時計の小型化はこの発明なくしてはありえませんでした。さらにこの脱進機は20世紀初頭まで使われるなど、彼の発明の数々はその後の時計製作における基本的な遺産となり、今日も世界中で利用されています。
クロノグラフを世界で最初に発明したという背景から、グラハムの商品は常に新しい技術的解法を求めたジョージ・グラハムの業績を受け継いでいくために、レギュラーコレクションのほとんどがクロノグラフです。
このユニークな腕時計は、世界的に有名な「ロイヤル・エア・フォース(英国空軍)」のパイロットを称えて製作されました。そのオリジナルは、英国空軍爆撃機のパイロットや航空士のための腕時計に遡ります。高い高度で飛行中に、手からグローブを外さずに時間が計れるように考案された腕時計です。このコントロールレバーの付いたクロノグラフのシステムは独自のもので、極めて厳密な時間計測を可能にします。

人間工学上、操作は人差し指で行うよりも、親指で行うほうが0.2~3秒早く反応するといわれていることから、左サイドに巨大なクロノグラフプッシャーとリュウズを同軸に配したモデルです。

グラハムの歴史

ジョージ・グラハム
14世紀にヨーロッパ各地で出現した機械式時計は、多くの科学者や天才的な時計職人たちの発明と改良の積み重ねによって進歩してきました。
17世紀になるとイギリスとフランスで時計産業が発達し、(スイス時計産業発展は19世紀以降です)18世紀にはイギリスが他を圧倒していました。 
その17世紀から18世紀を通じて時計産業をリードしていた代表がジョージグラハムです。 
彼は「イギリスの父」トーマス・トンピオンを師に持ち時計の精度の中で最も重要な脱進機の画期的な業績を残します。
1695年トンピオンが考案したシリンダー脱進機を改良し、1726年以降の懐中時計を小型化と高性能を実現。
1715年には「グラハム静止型脱進機」というクロック用の機構を発明。
一定の間隔で歯車を回転させる巧妙な機構はクロックに高い精度と信頼性をもたらしました。
その後、彼の弟子であるトーマス・マッジが改良し、「アンクル脱進機」「レバー脱進機」と呼ばれる基礎を築き、現代のあらゆる機械式時計に応用されています。
そしてジョージグラハムといえば忘れてはならない偉大な功績が史上初の「クロノグラフ」の発明です。
その名は著名なアブラン-ルイ・ブレゲのそれと同様、ヨーロッパ中に知れ渡り、彼が亡くなったとき、英国会議は偉大な発明と多大な功績を残したジョージ・グラハムをウエストミンスター寺院本堂に埋葬する許可を与えました。

グラハムの商品は常に新しい技術的解法を求めたジョージ・グラハムの業績を受け継いでいくために、レギュラーコレクションのほとんどがクロノグラフです。

グラハム クロノファイター CHRONOFIGHTER

このクロノグラフのユニークな大型リリースレバーは、イギリス空軍のパイロットからの提案を腕時計に体現しました。
それは高い高度で飛行中に、手からグローブを外さずに時間が計れるように考案されました。
また、人間工学上、操作は人差し指で行うよりも、親指で行うほうが0.2~3秒早く反応することから、
左サイドに巨大なクロノグラフプッシャーとリュウズを同軸に配し、スタート/ストップ機能はこのレバーだけで簡単に行えるようになっています。

グラハム オーバーサイズ OVERSIZE

「もっと印象的に、もっと攻撃的に、もっと大胆に! 」とデザインされた46mmケース
そして、クロノファイターのイメージを一新してしまう無骨なクロノグラフレバー。
更なるインパクトを与えるクロノファイターオーバーサイズ

グラハム オーバーサイズダイバー OVERSIZE DIVER

2007年 グラハムが空ならず海にまで進出した。
それは革新的な時計製造技術をなし得た為だ。
機械式では初めてであろう水中でのクロノグラフ使用可能にしたのだ。
1000フィート(330m)の防水、2時位置ケース横には減圧時に時計内部の破裂を
防ぐ為のヘリュームエスケープバルブが備えられている。
46mmのケースと数値で大きく感じられるが、装着間にこだわったつくりが、
時計の迫力と存在感を残して腕に収められるように設計されている。

グラハム オーバーサイズGMT CHORNOGFIGHTER OVERSIZE GMT BIG DATE

印象深い大型のオレンジとブラックのベゼルが特徴のクロノファイターオーバーサイズGMT。
キャリバーG1733によりセンターで、GMTを調整し、セカンドタイムゾーンを表示。
ビッグデイトを装備しよりマニアックなつくりだ。

グラハム ソードフィッシュ SWORDFISH

クロノグラフ積算計をサファイアクリスタルの拡大鏡で強調した独特のデザインは、
ザ・ブリティッシュ・マスターズ社とアイルランド(ダブリン)の
ザ・ナショナルセンター・オブ・アート・アンド・デザインによって編成されてた国際デザインコンテストを通じて誕生しました。
このクロノグラフは、ぐらはむのブランド哲学の真髄であるユニークな技術的特長をもっている。
12時間系/秒針と30分積算計カウンターを保護するドーム型サファイアクリスタルが視認性を強化し、「クル・ド・パリ」のモチーフを施したリューズとプッシュボタンにより確実なグリップ感を実現しています

グラハム ソードフィッシュ グリロー SWORDFISH GRILLO

デイト表記に配置された拡大レンズが特徴のグリロー。
信頼性の高いキャリバーG1171ムーブメントにより、GMT機能以外にアラーム機能も備える。
4時位置にある竜頭でアラームのゼンマイを巻き上げ、時間をセットします。
片面に反射防止加工を施し、ブラック、シルバーの文字盤に最適な視認性を確保。

グラハム シルバーストーン SILVER STONE

シルバーストーンはイギリスの有名なレーシングサーキットを称えて考案されました。モーターレーシング愛好家のためにデザインされたこの腕時計は、クロノグラフのストップ、リセット、再スタートが瞬時に行えるフライバック機能を備え、GMTの第2時間帯表示により世界の別の地域で行われるレースの現地時刻や、転戦を強いられるドライバー、スタッフの為の自国時間表記、さらには次回移動先の時間帯を表記することが可能です。

関連情報

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1